白髪が増えたら摂取したい【チロシン】の効果効能 どんな食品に含まれる?

image65

年齢とともに増えてくる白髪。毎日の食事で改善できたらいいのに、と思ったことはありませんか?

今回は、白髪が増えたら摂取したい「チロシン」という成分の効果・効能についてご紹介します。ぜひ、毎日の食卓に取り入れてみてください。

チロシンってどんな成分? 効果・効能は?

チロシンは、白髪の予防に役立つといわれる成分の一つです。非必須アミノ酸の一種で、神経伝達物質や甲状腺ホルモンなどの原料となる成分であることから、摂取することで様々な効果・効能があります。

チロシンとは?

チロシンは、1846年にドイツの化学者リービッヒによって発見された物質です。チーズのカゼインから発見されたため、ギリシャ語のチーズに由来した名称がつけられました。

チロシンは、脳内に存在するアドレナリンやドーパミン、ノルアドレナリンなどの神経伝達物質の前駆物質であり、脳の機能を高め、記憶力や集中力などを向上させる「スマートドラッグ」としても人気があります。

また、チロシンは、全身の細胞に働きかけて細胞の代謝を上げたり、自律神経を整える作用がある「甲状腺ホルモン」の原料にもなります。

チロシンは体内で必須アミノ酸の一種であるフェニルアラニンを原料として作られています。そのため、フェニルアラニンからチロシンを生成することができないフェニルケトン尿症の治療にも使用することが推奨されています。

チロシンの効果・効能

  • うつ・気分の落ち込み・イライラをやわらげる
  • ストレスの緩和・軽減
  • 慢性疲労症候群の改善
  • 集中力を高める
  • 白髪を予防する

チロシンは神経や脳の働きをサポートするために必要なアミノ酸で、うつ病の改善、認知症の予防に効果的であるといわれています。

脳内のアドレナリンやノルアドレナリン、ドーパミンなどの神経伝達物質のレベルを増加させます。実験においては、冷水によるストレス下に置かれたラットの攻撃性を正常に戻したり、ストレス条件の下に置かれた人の気分や認識において一定の改善がみられたという報告があります。

人は強いストレス状態にいると、神経伝達物質を大量に消費するため、攻撃性をともなう反応をするようになります。チロシンの摂取により、ストレス耐性が上がったとの実験結果もあります。

成人のADHD(注意欠陥多動性障害)においても、チロシンを摂取することで一時的に改善が見られるケースがあります。

チロシンには慢性疲労症候群の症状を緩和する働きもあります。慢性疲労症候群とは、精神的・肉体的な原因がないにもかかわらず、長期間にわたって重い疲労感があらわれる症状です。この病気は女性に多くみられ、ストレス

また、チロシンは慢性疲労症候群を改善する効果があります。慢性疲労症候群とは、何か精神的・身体的な原因があるというわけではないにも関わらず、原因不明の強烈な疲労感が長期間にわたって現れる症状です。女性に多くみられる症状で、生活環境ストレスが引き金になるといわれています。

なぜチロシンが白髪予防に役立つの?

チロシンは、髪の毛に色をつけるメラニン色素の材料となる成分です。

髪の毛は、毛根にある毛母細胞が分裂を繰り返すことで成長していきますが、作られたばかりの髪の毛には色がついていません。

毛母細胞の周辺にはメラノサイトという色素細胞が存在しており、メラノサイトが作り出すメラニン色素が加わることによって、髪の毛に色がつきます。

ここで、メラニン色素の材料が不足していたり、何らかの原因でメラノサイトの働きが悪くなっている場合、十分な量のメラニン色素が作られません。すると、髪の毛に色をつけることができなくなり、白髪が生えてきたり、髪の毛の色が薄くなってしまうことがあります。

チロシンが欠乏するとどうなる?

チロシンが不足すると、体内に置ける神経伝達物質や甲状腺ホルモンの分泌が減少する恐れがあります。

脳内の神経伝達物質の分泌が減少すると、集中力や認識力の低下を招いたり、気分の沈み込みや抑うつ状態、イライラなどを引き起こす可能性があります。

チロシンは成長や代謝を促進する甲状腺ホルモンの材料となる物質です。チロシン不足によって甲状腺ホルモンの分泌が低下すると、子供の場合は細胞の成長が阻害され、代謝や発達の悪化を招く可能性があります。大人の場合は代謝の悪化により、むくみやコレステロール値の上昇などを引き起こす恐れがあると言われています。

チロシンはメラニン色素の原料になるため、不足すると髪の毛に色をつけられず、白髪が増加する恐れもあります。

チロシンの摂取方法は? どんな食べ物に含まれる?

image

白髪の改善だけでなく、集中力や認識力などの脳機能の向上やうつ状態の緩和などに役立つとされるチロシンですが、どのように摂取すればいいのでしょうか?

ここからは、チロシンの摂取方法や適正量、チロシンが含まれる食品などについて見ていきましょう。

チロシンはどれくらい摂取すればいい?

チロシンには摂取量の制限はあるのでしょうか?

チロシンに毒性はなく、これまでに有害事例の報告はありません。体重1kgあたり150mg/日の摂取を3ヶ月間行った場合でも安全とされています。

チロシンを大量に経口摂取した場合、約2時間後に血中のチロシン濃度がピークに達し、7時間ほど持続します。

食品からの摂取では、特に過剰摂取などを気にする必要はなさそうです。ただし、サプリメントなどを利用する場合は、用法用量を守って摂取するようにしましょう。

副作用として吐き気や胸焼け、頭痛などの症状が見られることがあります。

チロシンが含まれる食品

image

チロシンは食品から摂取することが可能です。以下の食品に多く含まれています。

  • チーズ
  • 乳製品
  • ちりめんじゃこ
  • たらこ
  • アーモンド
  • 納豆
  • バナナ
  • アボカド
  • りんご

チロシンは苦みを感じる成分で、りんごやバナナなどの果物にも多く含まれています。

りんごは、カットしてから時間が経つと変色します。これはりんごの果肉に含まれるチロシンが空気に触れることで、チロシナーゼという酵素が働いて酸化し、メラニン色素を作り出してしまうためです。

チロシンは糖分と同時に摂取することで吸収が良くなるため、果物から摂取するのが理想的です。

名前の由来の通り、チーズにもチロシンが多く含まれています。特に、パルミジャーノレッジャーノという固い食感の風味豊かなチーズでは、断面にチロシンの粒を見つけることが出来ます。食べるとジャリジャリとした食感があります。

チロシンは大豆製品にも含まれています。特に、長く発酵させた納豆には豆の表面に白っぽい成分が浮き出てきますが、これもチロシンによるものです。舌触りはざらっとしており、食べるとジャリジャリとした食感になります。

このほか、たけのこの水煮にも結晶化したチロシンを観察することが出来ます。

フェニルアラニンの摂取も有効?

フェニルアラニンとは、必須アミノ酸の一種で、チロシンの原料となる成分でもあります。肝臓でチロシンに変換されることで興奮性の神経伝達物質を作ります。

フェニルアラニンの効果としては、記憶力や認識力などの脳機能を高める効果、気分の落ち込みや無気力などのうつ症状を軽減する効果などがあります。

チロシンとも相性が良いため、同時に摂取するのもおすすめです。

フェニルアラニンは、以下の食品に多く含まれています。

  • 肉類
  • 魚介類
  • チーズ
  • 大豆製品
  • アーモンド
  • かぼちゃ
  • じゃがいも
  • 胡麻

>>厳選!女性用育毛剤おすすめ人気ランキング

関連記事

亜鉛不足でごっそり髪が抜けるって本当!?女性の薄毛の原因にも!対処法は?
女性の薄毛にも関係ある!?AGAの原因【5αリダクターゼ】を抑制する方法とは?
チリチリした癖毛の髪が増えるのはなぜ?髪質が悪くなる原因と対処法
髪にいい食べ物12個・弱った頭皮と髪の毛を改善するために必要な栄養素