亜鉛不足でごっそり髪が抜けるって本当!?女性の薄毛の原因にも!対処法は?

image11

女性の薄毛の原因の一つに亜鉛不足があります。

亜鉛は、一般的に「髪の毛にいい」とされている栄養素。亜鉛が不足すると、髪の毛が抜けたり、細くなるといった症状を引き起こします。

一体なぜ亜鉛不足で髪の毛が抜けてしまうのでしょうか?また、亜鉛不足になった場合、どのように対策をすればいいのでしょうか?

亜鉛不足による薄毛・抜け毛の原因と対処法について解説します。

亜鉛が不足すると、どうして髪の毛が抜けるの?

女性の薄毛・抜け毛は主にホルモンバランスの変化や加齢によって発生することが知られていますが、実は亜鉛不足が原因で髪の毛が抜けてしまうケースも多く発生しています。

亜鉛不足で髪の毛が抜けているのに、全く見当違いな薄毛対策を行ってしまったり、年齢的なものだと勘違いしたまま諦めてしまう人も少なくありません。

女性の薄毛は適切な対処で改善しますので、まずは抜け毛の原因が亜鉛不足によるものかどうかを確認することが必要です。

亜鉛ってどんな栄養素なの?

亜鉛は、身体の様々な機能を正常に保つために必要不可欠なミネラルです。体内の300種類以上の酵素に関わっていると言われています。

亜鉛はたんぱく質の合成や骨の発育にも欠かせない成分であり、新陳代謝を促し、免疫力を高める働きがあります。

さらに、亜鉛にはデトックス効果があるとされ、体内の有毒物質を捕え、排泄を促すたんぱく質を誘導する作用もあります。

亜鉛不足が髪にもたらす症状

亜鉛が不足すると、毛髪に以下のような症状が現れます。

  • 髪の毛が抜ける
  • 薄毛になる
  • 髪の毛が細くなる
  • 髪質が悪くなる
  • ゴワゴワした質感の髪の毛が増える
  • チリチリとしたうねりのある髪の毛が増える
  • 白髪が増える
  • 髪の毛の色素が薄くなる

亜鉛不足で髪が抜ける原因

そもそも、なぜ亜鉛が不足すると髪の毛が抜けてしまうのでしょうか。

まず、亜鉛の不足すると、新陳代謝が低下します。新陳代謝が低下すると、髪の毛の抜ける量と生える量のバランスが崩れてしまいます。抜けていく髪の量に対して、新しく生えてくる髪の量が少ないため、薄毛へと発展していくのです。

また、亜鉛不足は髪質にも悪影響を及ぼします。

亜鉛が不足すると、コシや艶のある健康的な髪の毛が育たなくなります。ゴワゴワで艶のない髪の毛や、うねりのある髪の毛が増加し、髪質が悪化します。

髪の太さも変化し、細く頼りない髪の毛や猫っ毛が増加します。髪全体のボリュームも減るため、薄毛が目立つようになります。

亜鉛不足の症状とは?こんな人は要注意!

亜鉛不足は髪の毛に悪影響を及ぼしますが、髪の毛以外にも様々な症状を引き起こします。

以下のような症状が見られる場合には亜鉛不足の恐れがあります。

  • 味覚障害
  • 肌荒れ・吹き出物・炎症
  • シミの増加
  • 傷が治りにくい
  • 貧血
  • 疲労感・倦怠感
  • うつ
  • 精力減退
  • 生理不順
  • 爪がもろくなる
  • 爪に筋が出る

亜鉛不足の有名な症状として、味覚障害が挙げられます。味覚が異常になり、苦みを感じることが多くなります。

爪にも影響が出ます。表面に白い点ができたり、横向きの溝ができることがあります。強度も弱くなり、爪が割れやすくなります。

亜鉛が不足することで新陳代謝が悪くなり、肌荒れや吹き出物、炎症などの症状が出たり、傷が治りにくくなります。古い角質がいつまでも残るため、シミができやすくなります。

亜鉛は男性ホルモンの合成にも関わっており、不足することで生殖能力が低下します。男性だけでなく、女性も亜鉛が不足することで妊娠しにくくなり、生理不順の原因にもなります。

亜鉛は滋養や疲労回復などに役立つともいわれますが、亜鉛が不足することによって体力が低下し、疲れやすい・身体がだるいといった症状があらわれることがあります。また、免疫力が低下し、風邪や病気にかかりやすくなることもあります。

亜鉛不足は精神面にも影響を及ぼします。落ち込みやすくなったり、気分が沈むことがあります。

亜鉛が不足する原因は?

亜鉛不足に陥る原因には、偏った食生活や食事制限、ダイエットなどがあります。

亜鉛は植物性の食品よりも、動物性の食品に多く含まれます。そのため、菜食主義やマクロビなどを実践して動物性食品を全く食べない生活を送っていたり、ダイエットで極端に食事量が少ない場合などには亜鉛不足に陥りやすくなります。

食品添加物を摂取することで、亜鉛の吸収が阻害されてしまうため、インスタント食品・加工食品はできるだけ避けましょう。

また、お酒を飲むと亜鉛が過剰に消費されてしまいます。お酒の飲み過ぎには注意が必要です。

亜鉛不足に陥りやすい病気

亜鉛不足に陥りやすい病気として、アルコール依存症や敗血症、慢性腎疾患、糖尿病、肝臓疾患などがあります。

亜鉛が多く含まれる食べ物は?どんな食品を食べればいい?

image

髪の毛のためにも積極的に摂取してきたい亜鉛ですが、具体的にはどのような食品から摂取していけばいいのでしょうか。

亜鉛は主に動物性食品に多く含まれています。亜鉛を含む食べ物として、もっとも代表的なものが牡蠣です。牡蠣は亜鉛を多く含んでおり、6つほど食べれば1日に推奨される量の亜鉛を摂取することができます。

他にも、ビーフジャーキーや牛レバー・豚レバー、牛肉・豚肉・鶏肉、パルメザンチーズ、ゴマ、カシューナッツ、小麦胚芽、卵黄等に亜鉛が多く含まれています。

亜鉛の摂取量の目安

厚生労働省が発表している「日本人の食事摂取基準」によれば、亜鉛の1日の推奨摂取量は、成人男性が12mg/日、成人女性が9mg/日とされています。妊娠中の方は11mg、授乳中の方は12mgが目安です。

これに対し、亜鉛の平均的な摂取量は男性が8.9mg/日、女性が7.3mg/日であるため、やや不足気味であると言えます。

普段から意識して亜鉛を摂取していかなければ、なかなか必要量を満たすことは難しいかもしれません。肉・魚・野菜・穀物など全てにおいてバランスの取れた食生活を心がけるようにしましょう。

サプリメントでの摂取もOK!

様々な生活スタイルがありますので、亜鉛の推奨摂取量を食事だけで満たすのは難しいという方もいるかもしれません。そのような場合は、サプリメントで摂取するのも一つの方法です。

ただし、亜鉛の摂取には耐容上限量があります。(※耐容上限量とは、過剰摂取により健康を害するリスクがないとみなされる摂取量の上限を指します。)亜鉛の耐容上限量は、成人男性が40~45mg/日、女性で30~35mg/日程度とされています。

通常の食事で耐容上限量を超えることはまずありませんが、サプリメントの過剰摂取にはご注意ください。

亜鉛を摂取すれば薄毛は改善する?

亜鉛不足によって抜け毛が発生した場合、亜鉛を摂取することで抜け毛が止まることもあります。ただし、亜鉛は栄養素の一つに過ぎず、医薬品ではありませんので、摂取したからといって薄毛が治るものではありません。

亜鉛を摂取すれば頭皮や毛根が活力を取り戻し、抜けた髪の毛が再び生えてくるということは十分に考えられますが、回復しないケースも考えられます。

なかなか回復しない場合、髪の毛を作り出す毛母細胞が弱体化していたり、頭皮が元気を失っている可能性があります。

女性の薄毛は様々な原因によって発生しますので、原因に応じた適切な対処を行う必要があります。バランスの良い食事や規則正しい生活習慣をおくること、ストレスをためないことも大切です。

女性の薄毛治療法

すでに薄毛が進行している場合、亜鉛を摂取するだけでは弱った頭皮や髪の毛を回復させるのは難しいかもしれません。なぜなら、女性の薄毛はいくつかの要因が複雑に絡み合っていることが多く、一つの原因だけを解消したとしても薄毛の改善につながらないケースがあるためです。

例えば、女性の薄毛の主な原因にはホルモンバランスの乱れや血行不良などがあります。

冷え性やドロドロ血などで毛細血管が収縮していると、血行不良に陥りやすくなります。頭皮が血行不良になると、栄養が毛根に行き届かなくなるため、髪の毛が痩せ細ったり、抜け落ちてしまいます。

このような場合、いくら亜鉛を摂取したとしても毛根に届かないため、薄毛の改善につながりません。ですから、女性の薄毛は総合的な治療法が必要となるのです。

びまん性脱毛症の原因と対処法

薄毛は壮年男性の病気というイメージがありますが、女性でも様々な原因により薄毛になることがあります。

女性の方で抜け毛が多い場合、びまん性脱毛症の可能性があります。

育毛剤を使う

食事の改善や栄養の摂取は、身体の内側から毛根に栄養を届けるという考え方です。しかし、血行不良に陥っている場合には、なかなか改善につながりません。そこで、育毛剤を使って身体の外側からも栄養を届けるという方法があります。

女性用の育毛剤が多く販売されていますので、ご自身の体質に合ったものを選ぶと良いでしょう。育毛剤には薬用とか医薬部外品などの記載がありますが、厚生労働省から認可を受けた「医薬部外品」のものを選ぶのがおすすめです。

育毛外来で治療する

女性の薄毛は容姿の美醜に関わるものに過ぎず、「病気」だとはあまり考えられていないかもしれません。確かに、男性の脱毛症であるAGAは病気というよりは自然現象と捉えられることが多いようです。

しかし、女性の薄毛は決して「自然なもの」ではなく、病気や体調不良、ストレス、栄養不足など様々な原因で引き起こされます。

ですから、もし異常な量の抜け毛が発生したら、まずは身体のことを第一に考えて病院で医師の診断を受けるべきです。

育毛外来ではまず問診や血液検査などを行い、薄毛の原因が病気ではないかどうかを調べます。現在では女性専門の育毛外来も増えていますので、気軽な気持ちで受診してみてください。

シェアする

フォローする