びまん性脱毛症と男性型脱毛症(AGA)の違いとは?

image86

髪の毛のボリュームが減ってきた、地肌が目立つようになってきたというお悩みはありませんか?

  • 全体的に髪の毛が減ってきた
  • 髪の毛がボリュームダウンしてきた
  • 髪の毛に元気がなく、ぺったんこになる
  • つむじが広がってきた
  • 頭のてっぺんが薄くなってきた

これらの症状は、びまん性脱毛症によるものかもしれません。

びまん性脱毛症とは

びまん性脱毛症は、毛髪全体が薄くなることが特徴で、男性型脱毛症(AGA)の女性版であるとも言われています。そのことから「女性男性型脱毛症(FAGA)」とも呼ばれます。

びまん性脱毛症になる原因としては、加齢やストレス、ダイエット等による食生活の乱れ、出産や経口避妊薬(ピル)、過度のヘアケアなどが挙げられます。

男性型脱毛症(AGA)とは

男性型脱毛症(AGA)は、成人男性に見られる髪が薄くなる症状のことを言います。男性型脱毛症(AGA)は、額の生え際か頭頂部、どちらか一方か、もしくは双方から、抜け毛・薄毛がゆっくりと進行するのが特徴です。

男性型脱毛症(AGA)は、血液中を流れる男性ホルモンであるテストステロンが、毛乳頭に入り込むことで、ジヒドロテストステロン(DHT)に変化します。このジヒドロテストステロン(DHT)が毛母細胞に入り込むことで、毛母細胞の細胞分裂を妨げることによって発毛を妨げるという結果につながります。また、それによって毛周期が乱れ、髪の成長期が短くなるため、髪が成長する前に抜けてしまい、抜け毛や薄毛の要因となっています。

びまん性脱毛症と男性型脱毛症(AGA)の相違点

びまん性脱毛症は「女性男性型脱毛症(FAGA)」と呼ばれており、男性型脱毛症(AGA)の女性版であると先述しましたが、これらは全く同じものというわけではありません。

ここでは、びまん性脱毛症と男性型脱毛症(AGA)の相違点について説明します。

びまん性脱毛症と男性型脱毛症(AGA)の原因の違い

男性型脱毛症(AGA)は、男性ホルモンであるテストステロンが変化し、毛母細胞に入り込むことが原因です。

びまん性脱毛症の要因も実は全く同じで、女性の体内にも男性ホルモンは存在しており、その男性ホルモンが毛乳頭でジヒドロテストステロン(DHT)に変化し、毛母細胞に入り込むことで毛母細胞の細胞分裂を阻害しているというメカニズムとなっています。

びまん性脱毛症と男性型脱毛症(AGA)の症状の違い

びまん性脱毛症と男性型脱毛症(AGA)は、原因は同じでも症状が全く異なります。男性型脱毛症(AGA)では額の生え際や頭頂部など、局所的に薄毛になりますが、びまん性脱毛症では髪全体が細くなり、薄くなっていきます。

男性型脱毛症(AGA)は進行性ですので放っておくとどんどん髪の毛が減り続けていきます。最終的には毛髪が全く無くなってしまうこともあります。

しかし、びまん性脱毛症の場合、全体的に薄くなることはあっても、髪の毛がなくなるまで減り続けるということはありません。

原因が同一でも症状が異なる要因とは

びまん性脱毛症と男性型脱毛症(AGA)の原因は同じでも、症状が違う理由は女性ホルモンにあります。女性ホルモンであるエストロゲンには、毛髪を育てる働きがあります。

女性ホルモンの分泌が活発な若い女性の場合は、男性ホルモンであるテストステロンの血中濃度が男性の20分の1と言われていますが、女性の方も加齢やストレスによって女性ホルモンであるエストロゲンが減少してしまいます。

そのため、女性ホルモンの分泌が活発なころと比べると、血中のテストステロンの濃度が上昇してしまい、女性ホルモンが男性ホルモンによる影響を抑えることができなくなるため、びまん性脱毛症を発症してしまうのです。

しかし、男性と違って、女性の場合は、加齢やストレスによって女性ホルモンが減少したとしても、全く分泌されないということはありません。一定量は分泌され続けていますので、男性型脱毛症(AGA)と違い、びまん性脱毛症では髪の毛が減り続けるという症状にはならないのです。

女性ホルモンが減少する原因

image24

びまん性脱毛症の原因は女性ホルモンの減少であることが分かりました。また、女性ホルモンの減少だけではなく、ホルモンバランスが乱れることによっても、同じように男性ホルモンの影響を抑えることができなくなってしまいます。

これを予防するためには、まず、女性ホルモンがどのような状況で減少、もしくは分泌の乱れにつながるのかを知っておく必要があります。

女性ホルモンが減少すると薄毛になるのはどうして?原因と対処法

加齢

女性ホルモンは年齢とともに減少し、閉経の頃に急激にホルモンバランスの乱れが発生しやすくなっています。加齢による女性ホルモンの減少は止めることはできませんので、他の要因で女性ホルモンを減少させないように注意することが重要です。

生活習慣の乱れ

無理なダイエットやお菓子ばかりの生活で、必要な栄養が摂れていないような状態や、睡眠不足といった生活習慣の乱れは、ホルモンの分泌が不安定になります。ストレスを貯めると、ホルモンのバランスの乱れにつながります。

ストレス

過度なストレスがかかると、副交感神経の働きによって興奮状態となり、自律神経の乱れにつながります。自律神経が乱れてしまうと、それを正すために様々なホルモンが分泌されることによってホルモンバランスの乱れにつながります。

過度なダイエット

過度なダイエットによる影響は、必要な栄養が摂れていないことによる不安定なホルモン分泌に加え、自律神経の乱れによるホルモンバランスの乱れとなり、びまん性脱毛症にとって最も悪影響の出やすい状況といえます。

ダイエットによって栄養が不足すると、身体は命を守るために重要な器官から栄養を割り当てるようになります。そのため、身体の中で最も重要度の低い髪の毛には栄養が行き渡らなくなります。

健康的な髪の毛を育てるためには、髪の毛の材料となるたんぱく質や髪の毛を作るために必要なミネラル・ビタミンが毛根に運ばれなくなります。

>>厳選!女性用育毛剤おすすめ人気ランキング

びまん性脱毛症の予防法

ここからは、びまん性脱毛症を予防するための方法について見ていきましょう。

生活習慣を改善する

びまん性脱毛症を予防していくためには、まずは生活習慣を改善することが必要です。バランスの整った食事や、適度な睡眠を行うことでホルモンバランスを調整できます。また、適度な運動を行う事でも、ホルモンバランスの調整につながりますし、ストレスの発散にもつながります。

女性ホルモン活性に効果的な食材の摂取

生活習慣を改善したうえで、女性ホルモンを活性化させる食材を摂取することで、女性ホルモンの分泌を促進することができます。

①大豆食品

image

大豆イソフラボンが、エストロゲンに似た働きをするとともに、ビタミンEが女性ホルモンのバランスを整え、分泌量を増加させる効果があります。

②ナッツ

image

ナッツにも豊富にビタミンEが含まれていますので、女性ホルモンのバランス調整、分泌量増加に期待できます。

③卵

image

卵に含まれるコレステロールは、女性ホルモンを作り出すのに欠かせない栄養素となっています。

④魚

image

魚に含まれるビタミンB6もビタミンEと同様に女性ホルモンの代謝を上げる栄養素であると言われています。特にマグロやアジ、サバなどが、豊富にビタミンB6が含まれているといわれています。

⑤肉

image

肉類に含まれる動物性たんぱく質も女性ホルモンを作り出すために欠かせない栄養素となっています。

サプリメントの摂取

最も効果の高い予防策は生活習慣の改善となりますが、髪の成長に必要となるビタミンやアミノ酸を補給することでもびまん性脱毛症の予防にはつながります。

しかし、びまん性脱毛症の改善として、男性型脱毛症(AGA)で使用できる薬がそのまま使用できないケースもあります。

あくまで、びまん性脱毛症の予防策としては、不足している栄養補給のためのサプリメントとして摂取するのが望ましいでしょう。どうしても治療薬を使用したい場合は、必ず医師の診断を受けるようにしてください。

>>厳選!女性用育毛剤おすすめ人気ランキング