過度なダイエットで大量の抜け毛!栄養不足による女性の薄毛の危険性

image

女性の方で、スタイルを全く気にしないという方は、おそらく、ごく少数なのではないでしょうか。誰しもが、理想的なスタイルになりたいと考えたことがあると思います。その際に、避けて通れないのがダイエットです。

最近では、様々なダイエット方法がテレビやインターネットで話題となり、本当に効果があるものから、信ぴょう性がないものまで、非常にたくさんの方法が考え出されています。

栄養素のことを考えずに食事の量を減らしてしまうと、栄養不足によりめまいや貧血といった体調不良につながります。

重要なのはバランスよく栄養を摂取したうえで、過剰に摂取していた食事の量を減らすということです。

身体を壊して薄毛に…!過度のダイエットはなぜ危険?

ダイエットは、適度に行う分にはむしろ身体に良く、健康を保つことが可能です。しかし、行き過ぎた過激なダイエットは、身体を蝕み、非常に危険です。

では、どのようなダイエットが「過度なダイエット」に該当するのでしょうか。

まず一つ目が、極端な食事制限を行うダイエットです。痩せるためには、まず食事の量を減らすというダイエット法が一般的ですが、1日1食などの極端な食事制限を行うと、身体の器官を機能させるために必要な栄養が不足し、様々な欠乏症を引き起こします。また、体力が失われて疲れやすくなったり、免疫力や抵抗力が低下し、病気にかかりやすい身体になります。

ダイエットで重要なのは、バランスよく栄養を摂取したうえで、過剰に摂取していた食事の量を減らすということです。

かといって、不足している栄養を補充するために、ほとんどの栄養素をサプリメントに頼るのも問題です。サプリメントは、あくまで栄養補助を行うためのもので、それだけで栄養を補うようなものではありません。

さらに、ダイエットに効果的であるからと1つの食品だけを摂取するということも「過度なダイエット」に該当します。もちろん、この方法も栄養不足となり、身体に様々な悪影響をもたらします。

このように、過度なダイエットを行うことによって、身体の維持に必要な栄養が不足してしまいます。そうなれば、当然ながら体調の悪化や精神面での不調につながります。

このような、ダイエットによる栄養不足は、心と身体の不調だけでなく、女性の薄毛抜け毛とも密接に関わっています。

過度なダイエットが抜け毛や薄毛の要因になるのはどうして?

image28

女性の薄毛や抜け毛が進行し、髪の毛全体のボリュームが減少してきた、地肌が見えてきたという症状は、びまん性脱毛症の可能性があります。

びまん性脱毛症は、症状だけではなかなか発見することが難しく、気付いた時には薄毛が進行してしまっているという点が特徴です。びまん性脱毛症は、「女性男性型脱毛症(FAGA)」とも言われており、過度なダイエットによっても発症すると言われています。

女性の薄毛、びまん性脱毛症とは

びまん性脱毛症は、「女性男性型脱毛症(FAGA)」とも呼ばれています。これは、びまん性脱毛症の原因が男性型脱毛症(AGA)と同じであるためです。

びまん性脱毛症の原因は、男性ホルモンと深い関係があります。

血液中を流れる男性ホルモンであるテストステロンが、毛乳頭に入り込むと、「ジヒドロテストステロン(DHT)」に変化します。このジヒドロテストステロン(DHT)が毛母細胞に入り込むと、毛母細胞の細胞分裂を阻害するため、髪の毛の成長が妨げられ、抜け毛の増加や薄毛につながります。

男性と違い、女性の場合は女性ホルモンの割合が大きいため、通常であれば男性ホルモンの働きを抑え込むことができます。しかし、女性ホルモンの分泌が低下し、男性ホルモンを抑え込むことができなくなると、びまん性脱毛症を発症します。

びまん性脱毛症の直接的な原因は男性ホルモンですが、間接的には女性ホルモンの分泌量も大きな要因であるといえます。

過度のダイエットが抜け毛や薄毛を引き起こす理由

過度のダイエットが抜け毛や薄毛を引き起こす理由は大きく分けて2つあります。

女性ホルモンが減少する

女性の薄毛やびまん性脱毛症の大きな原因の一つが女性ホルモンの分泌量の減少です。

さて、女性ホルモンが減少するのは加齢によるものだと考えている人もいるのではないでしょうか?これについては、半分正解です。女性ホルモンの分泌量は加齢によっても減少します。そのため、びまん性脱毛症を発症するのは、ホルモンバランスを崩しやすい40代以上の女性が多いと言われています。

しかし、女性ホルモンの分泌量が低下する原因は、加齢によるものばかりではありません。ストレス栄養不足睡眠不足といった生活習慣による原因でも女性ホルモンの分泌量は低下します。

過度なダイエットを行うことによって、栄養バランスが悪くなると、それだけで女性ホルモンの分泌量が低下する要因となります。また、過度なダイエットを行っている最中は、身体が欲している食事を制限しているわけですから、肉体的・精神的ストレスも大きくなります。ストレスも女性ホルモンの分泌量が低下する要因ですので、二重に女性ホルモンの分泌量が低下する状況となっているのです。

女性ホルモンが減少すると薄毛になるのはどうして?原因と対処法

髪を作るための材料が不足する

さらに、栄養不足になると髪の成長にも悪影響を及ぼします。健康的な髪の毛を育てるためには十分な栄養が必要となりますが、栄養が不足している状況であると、真っ先に髪の毛に補給する栄養素が遮断されます。そのため、髪に必要な栄養が行き届かなくなり、大量の抜け毛が発生したり、薄毛が進行することもあります。

栄養不足になると、毛母細胞の細胞分裂が妨げられているうえに、髪の毛の成長に必要な栄養も補給されないことから、髪の毛に対するダメージは計り知れないものとなります。いったん毛根が弱まると、回復するまでに長い時間を要するケースもあるため注意が必要です。

つまり、過度なダイエットを行うと

  • 女性ホルモンの分泌量が減少し、ホルモンバランスが崩れる
  • 髪に必要な栄養素が不足することで、毛母細胞の細胞分裂が妨げられる

という問題が生じるため、抜け毛の増加につながってしまうのです。

抜け毛や薄毛にならないダイエット方法とは

image

過度なダイエットを行って、抜け毛や薄毛になるのも困りますが、ダイエットで理想的なスタイルを作れないというのも困りますよね。もちろん、ダイエットを行いながら、髪の毛に対するダメージを最大限に減らす方法はあります。

それは、できるだけ長いスパンでダイエットを行う計画を立てるということです。例えば、1週間で2kg痩せるとか、1ヶ月で5kg痩せるなどのような計画では、非常に過酷なダイエットを行わなければなりません。この場合、ダイエットを成功させるためには過度に食事制限を行う必要があるため、肉体へのダメージが非常に大きなものとなります。

そのため、ダイエットを行う場合には、短期的な減量を目標とするのではなく、半年から1年程度の長期的なスパンで計画する必要があります。長期的なダイエット計画を立てることで、無理な食事制限をする必要のない健康的なダイエットを行うことが可能です。

では、健康的なダイエットとは具体的にどのようなものなのでしょうか?

きちんと食事をとりつつ減量するためには、不要な炭水化物や脂質、糖類の摂取を制限するという方法が効果的です。この方法では、栄養素が不足することによる女性ホルモンの分泌量の低下を防止することができますし、過度なダイエットほどの急激なストレスも感じることはありません。また、育毛に必要な栄養素をしっかりと摂取しているため、頭皮や毛根にも栄養が行きわたり、成長が促されます。

髪にいい食べ物12個・弱った頭皮と髪の毛を改善するために必要な栄養素

過度なダイエットを行ってしまうと、せっかくきれいになろうとしても、目指していた「きれい」から遠ざかってしまう可能性があります。

ダイエットを行う際は、無理のない範囲で、少しの食事制限と適度な運動を行うことによって健康的に減量することが大切です。栄養の摂取とストレスの発散をしっかりと行うように心がけてください。

>>厳選!女性用育毛剤おすすめ人気ランキング

関連記事

びまん性脱毛症と男性型脱毛症(AGA)の違いとは?
ダイエットや偏食で抜け毛が激増する理由はたんぱく質不足!対処法は?
女性の薄毛にも関係ある!?AGAの原因【5αリダクターゼ】を抑制する方法とは?
亜鉛不足でごっそり髪が抜けるって本当!?女性の薄毛の原因にも!対処法は?

シェアする

フォローする