頭皮が固くて動かないと薄毛になりやすい!頭皮を柔らかくする方法とは

image

頭皮が固いと薄毛になりやすいという話を聞いたことはありますか?

薄毛は、髪の毛が細くなったり抜けたりするためで、頭皮とは直接関係がないと思われがちですが、実は、頭皮の固さと薄毛は関係性が高いということが分かっています。

今回は、頭皮と薄毛の関係性と、それを改善するための方法についてご説明します。

1.薄毛になるのはどうして?

髪の毛は毛周期によって生え変わっています。毛周期とは、早期成長期→中期成長期→後期成長期→退行期→休止期→脱毛という毛の生え変わり周期のことです。

髪の毛が生えて、しっかり成長するのが早期成長期から後期成長期で、それ以降は現状を維持し、そして抜けていくという周期です。

毛周期が正常に繰り返されている限りは、髪の毛は健康的に成長しています。

しかし、様々な原因によって早期成長期から中期成長期や後期成長期を経ずに、直接退行期に進むことがあります。

この場合、成長期を経ていませんので、髪の毛が細くなり、薄毛の原因となります。また、十分に成長していないまま脱毛まで進みますので、禿げる原因にもなり得ます。

2.なぜ毛周期が狂ってしまうのか

しっかりと成長期を経ることのできる毛周期と、成長期を経ることができなかった毛周期の違いは何でしょうか?

それは、頭皮の栄養状態と血行状態にあります。

頭皮の栄養状態が良く血行状態も良ければ、髪の毛に対して十分な栄養を送ることができます。そのため、早期成長期から中期成長期、後期成長期を経て、しっかりと髪の毛を成長させることができます。

しかし、頭皮に十分な栄養がない、血行状態が悪いという状態になると、栄養を髪の毛に運ぶことができません。

すると、髪の毛は少ない栄養で髪の毛を維持するために、早期成長期の時点で成長を止めてしまい、すぐに退行期まで移行してしまいます。そのため、髪の毛がしっかり成長できず、細くて弱い髪の毛になってしまうのです。

固くて動かない頭皮は、このような血行不良の状態である可能性があります。

3.頭皮の血行をチェック

まず、ご自身の頭皮の血行状態をセルフチェックしてみましょう。手でボールをつかむような感じで、頭をつかんでみます。

その際に、痛みがある場合や、つかまれている感覚が鈍いと感じる場合は要注意です。この場合、頭皮への血流が不足している可能性があります。

痺れた足に触ると感覚が鈍く感じることがありますが、同様に頭皮も血流が悪化していると感覚が鈍くなったり、痺れているような感覚に陥ることがあります。

4.頭皮が固くなってしまう原因とは

頭皮が固くなって動かなくなるのは、頭皮の筋肉が凝り固まり、血行が悪化しているためです。

では、頭皮の血行が悪化する原因とは一体何なのでしょうか?

ストレスによる自律神経の乱れ

頭皮が固くなる原因の一つに、ストレスがあげられます。過度のストレスは自律神経を乱れさせ、交感神経を活発にします。

自律神経には、交感神経と副交感神経があります。交感神経は活動時に活発になる神経で、筋肉をぎゅっと固くし、末梢血管を収縮させる働きがあります。そのため、常に交感神経ばかりが働く状態になると、血行不良を引き起こし、身体の末端が冷えたり、疲労回復ができなくなります。

逆に、副交感神経が働くと、身体がリラックスして末端まで血液が行き渡るようになります。病気を癒したり、疲労を回復するためには副交感神経を働かせることが大切ですが、ストレスがたまると自律神経の切り替えがうまく働かなくなるため、交感神経ばかりが働くようになってしまいます。

このようなストレス下では、頭皮への血流も減少してしまうため、頭皮が固くなってしまう可能性があります。ストレスは適宜解消するようにしましょう。

また、不規則な生活も自律神経を乱れさせ、ストレスに対して脆弱な身体を作ってしまいます。規則正しい生活を送り、十分な睡眠を確保するようにしてください。

⇒ ストレスが女性の薄毛の原因に!ストレス抜け毛を改善する方法は?

長時間のデスクワーク

肩こりが起こると、肩や首周辺の筋肉が凝り固まり、血流が悪化します。重い頭を細い首で支えているので、デスクワークなどで同じ姿勢を何時間も続けていると肩や首の筋肉が固くなり、肩こりを発症しやすくなります。

後頭部には後頭筋があり、これが首の筋肉と連動して凝りやすくなります。後頭筋を指圧してみて痛みを感じる場合には、凝りや血行不良が生じている可能性があります。

眼精疲労も頭部の筋肉の凝りを引き起こすことがあります。前頭筋・側頭筋は顔に近い部分の筋肉で、目の疲れと連動しやすいといわれています。生え際やこめかみなどを指圧してみると痛みを感じることがあります。

このように、肩こりや眼精疲労が頭皮のこりを引き起こすことも十分に考えられます。

5.固い頭皮を柔らかくする方法

image

一旦固くなってしまった頭皮でも、適切にケアすることでふっくらと柔らかい頭皮に改善することができます。

毎日正しい頭皮ケアを行い、頭皮の血行を良くしましょう。

頭皮マッサージやツボ

頭皮マッサージは頭皮の血行促進に最適の方法。セルフマッサージよりも、できればプロのマッサージを受け、正しい方法で血行を改善するのがおすすめです。

ご自身でマッサージを行う場合には、揉み過ぎにご注意ください。

頭皮マッサージの目的は、凝り固まった頭皮の筋肉をほぐすためというよりは、頭皮の血行を改善するためです。

強い力で揉み解すのではなく、頭部全体を優しく指圧するようにマッサージしましょう。

肩や首を回す

肩や首が凝っていると、頭部への血行が滞るため、頭皮も凝り固まってしまうことがあります。デスクワークや目を酷使する作業をする場合には、定期的に肩や首を回し、筋肉のコリをほぐしましょう。適度な運動やストレッチも頭皮の血行改善に効果的です。

炭酸水でリフレッシュ

炭酸水には、血管拡張作用と抗酸化作用があります。そのため、固くなった頭皮による薄毛や抜け毛には非常に効果があります。使い方も簡単で、シャンプーの後に炭酸水を振りかけ、すすぐだけです。その際に、頭皮マッサージを行うと、さらに効果が期待できます。

血行が良くなる食品の摂取

血行が悪い体質で頭皮への血行が滞っている場合には、血流を改善し、身体を温めるような食べ物を食べるのもおすすめです。代表的なものとして、生姜や唐辛子などがあります。

生姜にはジンゲロールやショウガオールという成分が含まれており、血管拡張作用や公算化作用などが確認されています。

唐辛子にはカプサイシンという辛み成分が含まれており、血管拡張作用や発汗作用が知られています。ただし、唐辛子は刺激成分ですので、摂取しすぎると逆に頭皮や毛根には良くないという説もあります。

少量のお酒にも末梢血管を拡張する作用がありますが、飲み過ぎると逆効果になりますので注意しましょう。

どんなに身体にいい食べ物でも、大量に摂取しすぎるとその効果は薄れてしまいます。適度な量を摂取することが大切です。

>>厳選!女性用育毛剤おすすめ人気ランキング

関連記事

過度なダイエットで大量の抜け毛!栄養不足による女性の薄毛の危険性
びまん性脱毛症と男性型脱毛症(AGA)の違いとは?
湯シャンは臭い!?抜け毛改善方法としての効果はあるの?
亜鉛不足でごっそり髪が抜けるって本当!?女性の薄毛の原因にも!対処法は?
髪の毛が細くなる原因とは?一旦細くなってしまった髪を太くすることは可能?