朝シャンは良くない?はげるリスクが高まる?女性の薄毛の原因になる恐れも

image

朝シャンで爽やかな朝をむかえているという女性も多いのではないでしょうか。寝ている間にかいた汗を綺麗に洗い流せますし、お出かけ前に清潔にすることができていいですよね。

確かにスッキリとした気分になれる朝シャンですが、実は頭皮にとっては悪影響となる部分もあることをご存知でしたか?朝シャンを習慣にすると、はげるリスクが高まるともいわれているのです。

朝シャンではげるリスクが高まる理由とは?

朝シャンにはメリットもありますが、実はデメリットも多いことが知られています。

一体どうして朝シャンが頭皮に悪影響を及ぼしてしまうのでしょうか?

雑な洗い方がダメージに

朝は慌ただしくなりがちです。毎朝、時間に余裕のある人ばかりではありません。

時間がないからと朝シャンでの洗い方が雑になってしまったり、短時間で済ませようと力み過ぎてしまったりするというのはよくあること。

雑な洗い方、力んだ洗い方というのは、頭皮に古い皮脂汚れを残してしまうため、毛穴に汚れが蓄積されやすくなります。また、シャンプーを綺麗に洗いすすぎきれず、かえって毛穴の詰まりを助長させてしまうこともあります。

また、力み過ぎると、頭皮を引っかいて傷ができてしまうこともあります。特に女性は爪を伸ばしている人も多く、ちょっとした傷でも頭皮にダメージを与えてしまいます。

紫外線からのダメージが強くなる

適度に分泌された皮脂は頭皮や髪にとって必要なものです。特に、皮脂には頭皮や髪の保護膜としての役割もあります。

頭皮や髪は紫外線対策が難しい部分であり、無防備になりがちです。皮脂は頭皮や髪を外気や紫外線から守ってくれる必要なものなのです。

しかし、朝シャンで皮脂を洗い流し、そのまま外出してしまうと、頭皮と髪は無防備な状態のままで外気や紫外線にさらされることになります。

紫外線からのダメージを受けやすい状態にしてからわざわざ出かけるようなものですので、頭皮や髪にとっては悪影響となってしまうのです。

朝だけシャンプーはフケ発生の原因に!

夜は髪を洗わず、朝だけシャンプーをするという人もいるようです。朝にシャンプーをするか夜にシャンプーをするかというだけの小さな問題のように思えますが、実はこの2つには大きな違いがあります。

夜に髪を洗わず、朝だけシャンプーをする場合、外気や皮脂の汚れがこびりついたまま就寝しているということです。

このような不潔な状態で眠ると、枕や布団にまで汚れがうつり、菌やダニの温床になる恐れもあります。

それだけではありません。成長ホルモンは睡眠中に分泌されるため、髪の毛は1日のうち眠っている間に最も成長しています。髪が最も成長する時間帯に頭皮が不潔な状態であると、様々な頭皮トラブルを引き起こす原因にもなります。

特に注意したいのがフケ症です。過剰な皮脂分泌によって引き起こされる脂性フケや、皮膚常在菌であるマラセチア菌の繁殖によって引き起こされる脂漏性皮膚炎(脂漏性湿疹)を発症する恐れもあります。

脂性フケや脂漏性皮膚炎はどちらも非常に治りにくく、脂漏性皮膚炎は一旦発症すると一生治らないともいわれています。

前日のうちにしっかりと髪を洗い、清潔な状態で布団に入り、朝を迎えた方が衛生的にもいいですよね。

朝シャンにはデメリットが多い!

目が覚めて気分もスッキリする朝シャンですが、頭皮や髪にとっては悪影響のほうが多いのです。

朝シャンによる悪影響やダメージをそのまま蓄積させてしまうと、薄毛や抜け毛といった症状を引き起こす可能性もあります。

もちろん、朝シャンをしている方が全員はげるというわけではありませんが、そのリスクは徐々に高まっていると理解しておきましょう。

女性は特に朝シャンをする方が多い傾向にありますので、シャワーを浴びるなら体だけにしておくといった対策を考えていきたいものです。

>>厳選!女性用育毛剤おすすめ人気ランキング

関連記事