湯シャンは臭い!?薄毛・抜け毛改善方法としての効果はあるの?

image21

薄毛の予防・改善方法として巷で話題になっている「湯シャン」。

シャンプーを使わずにお湯だけで髪を洗うという方法です。

湯シャンには一体どのような効果があるのでしょうか? また、薄毛を改善する効果はあるのでしょうか?

実は、私も抜け毛がひどかった時期に湯シャンを実践していました。

その時に感じたのは、自分には湯シャンは向いていないということ。残念ながら、湯シャンには向き不向きがあるようです。

今回は、湯シャンのメリット・デメリット、湯シャンを行う際の注意点などについてご説明します。

湯シャンとは?メリット・デメリットまとめ

image

湯シャンは、宇津木龍一氏が提唱している宇津木式スキンケアで、化粧品を使わない、お湯だけで身体を洗うといったいわゆる「肌断食」の一つです。

シャンプーを使わずにお湯だけで髪の毛を洗うという方法ですが、中には、この方法を実践して、何年もシャンプーを使っていないという強者もいるようです。

では、早速、湯シャンのメリットとデメリットについて見ていきましょう。

湯シャンのメリット

湯シャンにはどのようなメリットがあるのでしょうか?

科学的に実証されているわけではありませんが、実践した人からは以下のような意見が上がっています。

  • シャンプーの洗浄成分によるダメージを受けない
  • 頭皮のバリア機能を壊さない
  • 皮脂の分泌が正常化し、頭皮環境が改善する
  • 長く続けるほど皮脂の分泌が減る
  • 長く続けるほどにおいが少なくなる

まず一番のメリットは、シャンプーの洗浄成分によるダメージを全く受けることがないということです。

頭皮の老化やダメージの大きな原因の一つがシャンプーであるとも言われるように、シャンプーの洗浄成分は、頭皮に悪影響を与えています。

特に、ほとんどの市販のシャンプーの含まれる高級アルコール系の界面活性剤は、洗浄力や脱脂力が非常に強く、皮膚に浸透しやすいため炎症を引き起こしやすいという欠点があります。

シャンプーは毎日使うものですから、頭皮は毎日ダメージを受け続けているわけです。

このようなダメージが頭皮に蓄積することで、抜け毛や薄毛を引き起こす可能性もないとは言い切れません。

また、頭皮に分泌されている皮脂は、皮膚を外敵から守るために必要なものです。

ところが、強い洗浄成分で頭皮を洗い過ぎてしまうと、必要な分の皮脂まで奪われ、バリア機能が失われてしまいます。

すると、頭皮は自らを守るためにますます皮脂を分泌させますので、ベトベト・ギトギトの状態になりやすくなります。

皮脂分泌が多い ⇒ 皮脂を除去するために洗浄力の強いシャンプーで洗う ⇒ 皮脂がなくなり頭皮が乾燥する ⇒ ますます皮脂分泌が増える

これを繰り返すと、頭皮が常に皮脂分泌過多の悪循環に陥ってしまいます。

湯シャンを行うことで、頭皮がシャンプーによるダメージを受けなくなり、皮脂を除去しすぎることもなくなります。これが、皮脂の分泌の正常化につながり、頭皮環境が改善するのではないかという意見もあります。

湯シャンのデメリット

では、湯シャンにはデメリットはないのでしょうか?

  • 頭皮の皮脂汚れが残る
  • ニオイの問題

頭皮の皮脂汚れが残る

image

お湯だけで髪の毛を洗うと聞いてまず気になることは、「湯シャンで本当に頭皮の汚れは落ちるの?」ということではないでしょうか?

湯シャンをすれば、髪の毛についたフケやホコリなどの汚れは、ほとんどがお湯で流されてしまいます。

しかし、水と油は混ざりませんので、毛穴に詰まった皮脂や角栓をお湯だけで取り除くことは難しいかもしれません。

古い皮脂が残ることで皮膚常在菌が繁殖し、様々な病気を引き起こす可能性も考えられます。

例えば、皮膚常在菌であるマラセチア菌が異常繁殖すると「脂漏性皮膚炎」を引き起こしますし、白癬菌が繁殖すると「頭部白癬」を引き起こします。

お風呂で使えるような温度のお湯には殺菌効果はありませんので、頭皮が本当に清潔になっているかどうかには疑問が残ります。

皮膚常在菌は目に見えないものですから、清潔にしているつもりでも、体質によっては頭皮環境の悪化につながってしまう可能性があります。

気になるニオイの問題

image

お湯だけで髪の毛を洗っていると、どうしても避けられないのが「ニオイの問題」です。

皮脂の洗い残しがたまってくると、毛穴の中で角栓になったり、酸化して強いにおいを放つようになります。

また、頭皮のにおいとは別に、髪の毛自体にも独特のにおいが存在します。

普段はシャンプーに含まれる香料によって、髪の毛は「いい匂い」に包まれています。

しかし、シャンプーを使用しなければ、髪の毛自体のにおいを隠すものがなくなります。

「自分には体臭なんてない」と思う人もいるかもしれません。

しかし、体臭が全くない人は存在しません。

人は雑食の生き物であり、動物と同じように体臭は必ず発生します。

自分のにおいは、自分ではなかなか気付きにくいものです。デリケートな問題なので、指摘してくれる人もいないでしょう。

本人は全く自分の体臭に気付かなくても、周囲の人にとっては迷惑になるケースもありますので、十分に注意したいところです。

▶︎ ニオイはしないという意見も。

ただし、においに関してはこんなお話もあります。

以前、とあるテレビ番組で、髪を全く洗わなくなったイギリス人女性のことが取り上げられていました。

その方によれば、髪を洗わなくても全く臭くないのだそう。頭皮は消しゴムのようなにおいになるのだとか。

ネット上でも、湯シャンは臭くないという体験談が多く見られます。

興味がある方はちょっと試してみて、この方法が合うようなら続けてみるといいかもしれませんね。

湯シャンに女性の薄毛を改善する効果はある?

湯シャンを実践することで、薄毛を改善する効果はあるのでしょうか?

女性の薄毛の主な原因として、ホルモンバランスの崩れや血行不良、栄養不足、ストレスなどが挙げられます。シャンプーによるダメージもその中の一つに挙げられるでしょう。

体質に合わないシャンプーを使い続け、洗い過ぎによって頭皮や毛根が弱っていた場合には、湯シャンの実践がある程度の改善をもたらす可能性があります。

ただし、シャンプーをやめたからといって薄毛が治り、フサフサと髪の毛が生えてくるかと言われれば、残念ながらそんなことはありません。

女性の薄毛は様々な原因によって引き起こされるため、湯シャンを実践するだけでは薄毛の改善は難しいでしょう。

いずれにしろ、育毛には毛母細胞の活性化が必要になります。

そのためには、ホルモンバランスを整えたり、必要な栄養を摂取するなどの総合的な対策が必要となります。

薄毛や抜け毛に気づいた時点で早めに治療を始めることが早期改善につながります。

薄毛治療には色々な民間療法もありますが、やはり医学的見地に基づいた方法を取るのが最も確実だと思います。

湯シャンを行う際の注意点

湯シャンをこれからやってみたいという方のために、失敗しないための注意点をまとめました。

まず、毛穴の奥にたまった皮脂はしっかりと洗い流す必要があります。

皮脂がたまると抜け毛の原因になりますし、残った皮脂汚れが次第に酸化してにおいを発する恐れがあります。

場合によっては脂漏性皮膚炎や頭部白癬、フケ症などの病気の原因になることも。

頭皮を清潔に保つためにも、たっぷりとお湯を使って、地肌の汚れや皮脂を何度も流しましょう。

中には、何年もシャンプーを使っていないという本格派の人もいますが、社会生活を営む上では厳密な湯シャンを実践するのはなかなか難しいですよね。

そのような方は、シャンプーを使う回数を2〜3日に1回にするとか、週末だけ湯シャンをするなど、ご自身のライフスタイルに合わせた方法で試してみるのもいいかもしれません。

こんな人は湯シャンに向いていないかも…

湯シャンに賛否両論があるのは、体質によって湯シャンが向いている人・向いていない人がいるためではないかと考えられます。

こんな人は、あまり湯シャンに向いていないかもしれません。

  • 皮脂分泌が多い
  • 頭皮が脂っぽい
  • 毛穴に角質が溜まりやすい
  • フケが出やすい
  • 体臭が気になる
  • 男性ホルモンが多い

毛穴に詰まった皮脂をお湯だけで除去することは難しいため、皮脂分泌の多い人や毛穴に角質が溜まりやすい人には不向きです。

また、皮脂の分泌は男性ホルモンの影響を受けているため、男性ホルモンが多い人も避けた方がいいかもしれません。

フケが出やすい人は、フケ専用のシャンプーを使用することをおすすめします。

普段使いのシャンプー成分を見直してみよう

image

あなたはどうして湯シャンに興味を持ったのでしょうか?

湯シャンをやってみたいと考える人の中には、毎日使っているシャンプーで頭皮環境が悪化してしまったという人も多いようです。

シャンプーを変えた途端に抜け毛が増えてしまったり、かぶれや炎症が起きてしまったり。

こんなことが起これば、シャンプーを使うことにも不安が生まれてしまいますよね。

シャンプーで頭皮トラブルが起きてしまう原因

シャンプーでトラブルが起きてしまう原因は、シャンプーに含まれる洗浄成分が頭皮に悪影響を与えているためです。

ドラッグストア等で販売されている安価なシャンプーの多くは、洗浄力の強い石油由来の合成界面活性剤が含まれています。

どうしてそんなに強い洗浄成分が使われているの?と疑問に思われるかもしれません。

それは、石油由来の洗浄成分が低コストだから。

低価格で販売されているものには低コストの材料が使われているという単純な話なのです。

特に避けたいのが、ラウリル硫酸ナトリウムラウレス硫酸ナトリウムなどの洗浄成分です。

これらの成分は、少量でも泡立ちやすいのですが、洗浄力や脱脂力が非常に強く、肌にダメージを与えやすいことが指摘されています。

シャンプーに含まれるラウリル硫酸ナトリウムの危険性と頭皮へのダメージとは

シャンプーをパッケージのデザインで選ぶのもやめましょう。

「しっとり」「優しい洗浄力」「保湿」などをイメージしたパッケージのシャンプーでも、よく成分表示を確認してみると、強い洗浄成分が含まれているものが意外に多くあります。

シャンプー自体を使わない「湯シャン」という方法もありますが、シャンプーの成分を調べ、本当に肌に合ったものを選ぶということも大切です。

頭皮がデリケートな方、年齢にあった頭皮のエイジングケアをしていきたいという方は、アミノ酸系シャンプーを選ぶようにしましょう。

関連記事

シェアする

フォローする