おでこがヤバい!女性も生え際が後退するって本当!?薄毛の改善方法は?

image

昔と比べておでこが広くなったように感じたことはありませんか?

生え際が後退したとか、前髪が少なくなったように感じたら、薄毛注意報かもしれません。

女性も様々な原因で薄毛になることがあります。

特に生え際は、髪が薄くなりやすい部分の一つなのだそう。

生え際の髪の毛が薄くなると、なんとなく寂し気な印象になり、実年齢より老けて見られがち。

おしゃれやメイクも億劫になってしまいますよね。

なぜ生え際や前髪が薄くなってしまうのでしょうか?

また、髪のボリュームを復活させる方法はないのでしょうか?

今回は、生え際の髪が後退してしまう原因と、改善するための対策・治療法についてご紹介してます。

女性の生え際が後退する原因とは?

image

女性の生え際が後退する原因には様々なものが考えられます。

頭皮や毛根の老化

まず第一に考えられるのが、通常の老化現象による頭皮や毛根の衰えによるもの。

年齢を重ねるとお顔の皮膚がたるみ、毛穴が歪んで縦長になっていきますよね。

それと同様に、頭皮も水分量が減ってたるみが生じますし、毛穴も歪んでしまいます。

30代ごろからチリチリしたうねりのある髪が生えてくるのも毛穴の歪みが原因。

頭皮が痩せてしまうので、髪の毛も細くなったり、量が減ってしまいます。

30代〜40代は身体がピークを過ぎて下降線をたどる年齢です。

肌や骨、臓器など様々な器官の新陳代謝が低下し、徐々に衰えはじめます。

生え際が後退するというのも老化による薄毛の症状の一つであると言えます。

びまん性脱毛症による女性の薄毛

びまん性脱毛症は、30代〜40代以上の女性に多くみられる脱毛症です。

男性型脱毛症(AGA)では、いわゆる「M字はげ」や「O字はげ」など、部分的に集中した抜け毛が生じる傾向があります。

これに対し、女性の脱毛症であるびまん性脱毛症は、頭部全体の毛髪がまんべんなく抜け落ちます。

そのため、全体的になんとなく髪が薄くなったと感じたり、禿げている箇所はないものの髪全体のボリュームが減ったと感じることがあります。

ただし、女性でも前髪が薄くなったり、生え際が後退することがあります。

これは、びまん性脱毛症もAGAと同様の原因によって引き起こされているためです。

5αリダクターゼⅡ型とテストステロン

まずは、男性型脱毛症(AGA)の原因を見ていきましょう。

まず、男性ホルモンであるテストステロン5αリダクターゼが結合し、より強力な男性ホルモンであるジヒドロテストステロン(DHT)が生成されます。

これが、毛乳頭細胞にある男性ホルモン受容体と結びつき、抜け毛や薄毛の症状を引き起こします。

5αリダクターゼにはI型とII型がありますが、II型のほうが脱毛に関係しています。

5αリダクターゼⅡ型は、前頭部や頭頂部に多く存在しています。

そのため、程度の差こそあれ、生え際や頭頂部に薄毛の症状が出やすくなります。

なお、基本的には、女性の薄毛であるびまん性脱毛症も、男性型脱毛症と同様のメカニズムで起こっていると考えられています。

ですから、びまん性脱毛症を発症するとおでこが広くなったように感じたり、生え際が後退したように感じるのも決して気のせいではないのです。

女性ホルモンの分泌の減少

びまん性脱毛症の原因は、主にホルモンバランスの崩れが原因とされています。

女性は、20代後半〜30代半ばをピークに女性ホルモンの分泌が減少していきます。

すると、相対的に男性ホルモンが優位になるため、身体にもその影響が出始めます。

例えば、30代以上になると女性でもヒゲが生えてきたり、すね毛が生えてきたりすることがあります。

これと同様に、頭髪も女性ホルモンの減少によって脱毛症状が出てしまいます。

特に女性ホルモンの分泌が一気に減少する40代、更年期やプレ更年期と呼ばれる期間には、びまん性脱毛症の症状が出やすくなります。

こういうお話をすると、不安になってしまう方もいらっしゃることと思います。

でも、ご安心くださいね。

びまん性脱毛症は正しい治療によって改善します。

ただし、症状が進行してしまうと以前の状態まで回復させることは難しくなりますので、できるだけ早く対策をとる必要があります。

薄くなった生え際の改善方法とは?

image326

頭皮や毛根も、顔の皮膚と同じように老化します。

年齢を重ねるごとに、顔の皮膚には皺やシミがあらわれ、毛穴が開き、やがてたるみが発生します。

同様に、頭皮も徐々にハリを失い、毛根はやせ細り、休止状態になり、最終的に髪の毛を作らなくなります。

このような事態を避けるためには、日頃から頭皮のエイジングケアを怠らないようにしなければなりません。

さて、すでに後退してしまった生え際は、もう元には戻らないのでしょうか?

そんなことはありません。

一度休止状態になった毛根も、適切な治療で再び活性化させることが可能です。

諦めないで、しっかりと薄毛対策をしていきましょう。

育毛に必要な栄養素の摂取

健康的な髪の毛を維持するためには、育毛に必要な栄養素をしっかりと摂取することが大切です。

女性の場合、偏った食生活やダイエットにより、タンパク質やミネラルが不足することが多いようです。

タンパク質

タンパク質は頭皮や髪の毛の原料となるものであり、育毛には必要不可欠です。

タンパク質が不足すると、髪が細くなったり、髪質が悪化してしまいます。

また、その土台となる頭皮が痩せてしまうため、健康的な髪の毛が育たなくなります。

だからこそ、意識的にたっぷりとタンパク質を摂取する必要があるのです。

なお、タンパク質は動物性食品から摂取した方が吸収が良いと言われています。

タンパク質不足を感じている方は、できるだけ肉や魚から摂取しましょう。

カロリーが気になる方は、鶏ささみ肉青魚がおすすめです。

ミネラル(亜鉛・鉄・銅)

亜鉛や鉄分、銅などのミネラルは髪の毛を作るために必要となる成分です。

また、これらのミネラルは不足すると欠乏症を引き起こします。

欠乏症になると、脱毛や白髪などの症状が現れることが報告されています。

女性の場合、体質上ミネラル不足に陥りやすいので、サプリメントなどで毎日規定量を補給するのがおすすめです。

▼育毛に必要な栄養素一覧

  • たんぱく質
  • 亜鉛
  • ビタミンB群
  • パントテン酸
  • ビオチン
  • ビタミンE

詳しくは、髪にいい食べ物12個・弱った頭皮と髪の毛を改善するために必要な栄養素をご覧ください。

育毛サプリ

本来なら食事で栄養を吸収したいところですが、忙しくて毎日食事に気を使えないという方も多いはず。

そんな方におすすめしたいのが、育毛サプリです。

育毛に必要な成分が全て凝縮されていますので、1種類だけで十分網羅できるのが便利です。

ちなみに、世の中に育毛サプリは数多く出ていますが、私はマイナチュレ無添加オールインワンサプリを選んでいます。

その理由は、含有成分の種類が他と比べて圧倒的に多いこと。

女性に不足しがちなミネラルをはじめ、育毛成分や美容成分が100種類以上含まれています。

私は30代前半でびまん性脱毛症を発症し、当時は頭皮が透けて見えるほどまで症状が進行しました。

しかし、地道に育毛剤と育毛サプリを続けて、5年経った今では髪の量がほぼ復活しています。

年齢の割には毛量が多い方だと言われるまでになりました。

やはり体質改善が大切なのだと実感しています。

mynature

無添加育毛オールインワンサプリ[マイナチュレ] (公式サイト)

質の良い睡眠

髪の毛の成長に睡眠は欠かせません。

髪の毛を成長させる成長ホルモンは、主に睡眠中に分泌されます。

そのため、睡眠不足や睡眠障害に陥った場合、髪の毛が成長できずに抜け落ちてしまうこともあります。

「寝る子は育つ」といいますが、これは髪の毛にも当てはまる話。

毎日同じ時間に就寝し、同じ時間に起床することで、質の良い睡眠をとることができるようになります。

ちなみに私は睡眠障害も患っています。

そのため、薄毛治療と同時に睡眠障害の治療も行わなければなりませんでした。

アミノ酸系シャンプーの使用

毎日使用するシャンプーは、頭皮の状態に大きな影響を与えます。

強い洗剤を使い続けると、手の油分が全て奪われ、手荒れが発生してしまいますよね。

同様に、強力な洗浄力を持つシャンプーを使い続けると、頭皮が乾燥して炎症を起こしやすくなり、頭皮や毛根の老化が早まります。

市販されているお手頃な価格のシャンプーのほとんどは、コストの安い高級アルコール系の合成界面活性剤が使用されています。

中でも危険なのがラウリル硫酸ナトリウムです。洗浄力が強く、浸透しやすいため、使い続けることで頭皮に悪影響を及ぼすことが懸念されています。

育毛剤や育毛サプリにもお金がかかりますので、余裕がある方だけにおすすめしますが、できれば頭皮や髪に近い洗浄成分が使われているアミノ酸系シャンプーを使ったほうがいいです。

シャンプーに含まれるラウリル硫酸ナトリウムの危険性と頭皮へのダメージとは

女性用育毛剤の使用

薄毛治療をするなら、育毛サプリやシャンプーよりも、まずは女性用育毛剤を使用することをおすすめします。

育毛サプリは健康食品という扱いですし、シャンプーはほとんどが化粧品という扱いです。

一方で、育毛剤は医薬部外品という扱いです。

つまり、効果効能を謳うことができるのは育毛剤だけなのです。

まだ育毛剤を使ったことがない女性の中には、なんとなく使うことに抵抗があるという方もいらっしゃるかもしれません。

実は私もそうでした。

しかし、一言に育毛剤といっても、女性用は男性用とは異なり、急激に毛を生やしたり伸ばしたりするような効果はありません。

あくまでも、頭皮や毛根に栄養を届け、頭皮の状態を正常にして、髪が生えやすい頭皮環境を作るものです。

ですので、やめた途端にまた抜け毛が始まってしまうという心配もご無用です。

私の場合は、脱毛が始まってから育毛剤を使い始めるまでに1年以上かかりました。

なんとなく育毛剤を使うのが怖かったのです。

でも、実際に使ってみるとなかなか使い心地が良く、頭皮の状態も良くなり、もっと早く使っていればここまで薄毛は進行しなかったのに…とちょっぴり後悔しました。

育毛剤に抵抗があるという方も、薬用化粧品のような感覚で使ってみてください。

使い続けることでじんわりと効果が出てきますよ。

ベルタ育毛剤

belta

様々な女性用育毛剤を試した結果、私が選んだのはベルタ育毛剤です。

育毛剤といえばサラサラしたテクスチャが主流ですが、ベルタ育毛剤は非常に濃厚なとろみのある液体が特徴。

美容液のように成分が濃密に入っているのが感じられます。

ベルタ育毛剤を選んだ理由は、含有成分が他と比べて多いことと、成分のほとんどがナノ化されているということです。

ナノ化とは、簡単に言えば成分をできる限り小さくして、皮膚に浸透しやすくすること。

いくら成分が多くても、浸透率が低ければ意味がありません。

育毛剤を選ぶ際には、ナノ化されているかどうかをしっかりチェックしておきましょう。

ベルタ育毛剤は成分量・使用感・浸透率などすべての点でとても良かったです。

どの育毛剤にするか迷っている方は、ぜひベルタ育毛剤を試してみてください。

▶︎【ベルタ育毛剤】(公式サイト)

普段から頭皮のためのエイジングケアを!

生え際の髪のボリュームは、女性の見た目年齢に大きな影響を及ぼすポイントの一つ。

できることならいつまでもフサフサで健康的な毛量を保ちたいですよね。

そのためにも、普段から頭皮や髪の毛のエイジングケアを積み重ねていくことが大切です。

また、バランスの良い食事や規則正しい生活習慣、質の良い睡眠、適度な運動など、身体の内側からアンチエイジングに役立つを実践していきましょう。

シェアする

フォローする