おでこがヤバい!女性でも生え際が後退する!?薄毛の改善方法は?

image21

生え際が後退して悩んでいる女性が増えています。生え際の髪の毛が薄くなると、なんとなく寂し気な印象になり、実年齢より老けて見られることも。

なぜ生え際や前髪が薄くなってしまうのでしょうか?また、髪のボリュームを復活させる方法はないのでしょうか?

今回は、生え際の髪が後退してしまう原因と、予防法・改善法について解説していきます。

女性の生え際が後退する原因とは?

生え際が後退する原因には様々なものが考えられます。

頭皮や毛根の老化

女性が薄毛になるのは様々な原因がありますが、30代〜40代以上の女性の場合、頭皮や毛根の老化も大きな原因の一つとして挙げられます女性も年齢を重ねると髪の毛のボリュームが減ります。

30代は身体がピークを過ぎ、下降線をたどる年齢です。肌や骨、臓器など様々な器官の新陳代謝が低下し、徐々に衰えはじめます。生え際が後退するというのも老化による薄毛の症状の一つであると言えます。

びまん性脱毛症による女性の薄毛

びまん性脱毛症は、40代以上の女性に多くみられる脱毛症です。

男性型脱毛症(AGA)では、いわゆる「M字はげ」や「てっぺんはげ」など、部分的に集中した抜け毛が生じる傾向があります。

これに対し、女性の脱毛症であるびまん性脱毛症は、頭部全体の毛髪がまんべんなく抜け落ちます。そのため、全体的になんとなく髪が薄くなったと感じたり、禿げている箇所はないものの髪全体のボリュームが減ったと感じることがあります。

ただし、女性でも前髪が薄くなったり、生え際が後退することがあります。

びまん性脱毛症の原因は、主にホルモンバランスの崩れが原因とされています。女性は年齢とともに女性ホルモンが減少し、男性ホルモンが優位になります。そのため、男性のように脱毛症を引き起こしてしまうのです。

生え際の後退の原因がびまん性脱毛症の可能性もありますので、早めに対策をとる必要があります。

牽引性脱毛症

牽引性脱毛症とは、髪の毛を引っ張り続けることで髪が抜けてしまう症状をいいます。生え際が薄くなる場合、ひっつめ髪やポニーテール、おだんごなどで、強く前髪を引っ張ったことが原因であると考えられます。

早期であれば、髪の毛を引っ張ることをやめれば徐々に回復します。しかし、重度の牽引性脱毛症の場合、ヘアサイクルが乱れたり、頭皮や毛根にダメージが蓄積されている可能性があり、完全に回復するまでに長い時間を要することもあります。

この場合は育毛剤を使用したり、頭皮マッサージを行うなどの対処が必要です。

薄くなった生え際の改善方法とは?

image326

頭皮や毛根も、顔の皮膚と同じように老化します。年齢を重ねるごとに、顔の皮膚には皺やシミがあらわれ、毛穴が開き、やがてたるみが発生します。同様に、頭皮も徐々にハリを失い、毛根はやせ細り、休止状態になり、最終的に髪の毛を作らなくなります。

このような事態を避けるためには、日頃から頭皮のエイジングケアを怠らないようにしなければなりません。

さて、すでに後退してしまった生え際は、もう元には戻らないのでしょうか?

一度休止状態になった毛根も、食事や生活習慣の改善、育毛剤の使用などで再び活性化させることが可能です。諦めないで、しっかりと対策をしていきましょう。

育毛に必要な栄養素の摂取

健康的な髪の毛を維持するためには、育毛に必要な栄養素をしっかりと摂取することが大切です。

特にたんぱく質は頭皮や髪の毛の原料となるものであり、必要不可欠です。さらに、亜鉛や鉄分、銅などのミネラルは髪の毛を作るために必要となる成分であり、不足すると抜け毛や髪質悪化の原因にもなります。

  • たんぱく質
  • 亜鉛
  • 鉄分
  • ビタミンB群
  • ビタミンE

詳しくは、髪にいい食べ物12個・弱った頭皮と髪の毛を改善するために必要な栄養素をご覧ください。

質の良い睡眠

髪の毛の成長に睡眠は欠かせません。髪の毛を成長させる成長ホルモンは、主に睡眠中に分泌されます。そのため、睡眠不足や睡眠障害に陥った場合、髪の毛が成長できずに抜け落ちてしまうこともあります。

「寝る子は育つ」といいますが、これは髪の毛にも当てはまる話。毎日同じ時間に就寝し、同じ時間に起床することで、質の良い睡眠をとることができるようになります。

成長ホルモンは夜10時から深夜2時の間に最も多く分泌されるため、この時間帯にはできるだけ就寝中でいるようにしてください。

アミノ酸系シャンプーの使用

毎日使用するシャンプーは、頭皮の状態に大きな影響を与えます。

強い洗剤を使い続けると、手が乾燥して手荒れが発生しますよね。同様に、強力な洗浄力を持つシャンプーを使い続けると、頭皮が乾燥して炎症を起こしやすくなり、老化が早まります。

市販されているお手頃な価格のシャンプーの多くに、コストの安いラウリル硫酸ナトリウムなどの合成界面活性剤が使用されています。ラウリル硫酸Naは洗浄力が強く、浸透しやすいため、使い続けることで頭皮に悪影響を及ぼすことが懸念されています。

シャンプーに含まれるラウリル硫酸ナトリウムの危険性と頭皮へのダメージとは

頭皮の保湿

あなたは、毎日欠かさず化粧水や乳液でスキンケアをしているのではないでしょうか。では、頭皮や毛根にもスキンケアをしていますか?

頭皮は身体のなかでもとても繊細な部分です。顔のお手入れと同じように、頭皮や毛根も細心の注意を払って継続的にスキンケアをしていく必要があります。

頭皮を保湿するためには、保湿効果のある育毛剤を使用してください。頭皮に直接塗布することで、頭皮や毛根に栄養を与え、育毛に必要な成分を浸透させることができます。

育毛剤を使う

頭皮や毛根のケアに育毛剤を使うというのも一つの方法です。育毛剤は、頭皮や毛根に栄養を届け、髪の毛をより健康的に丈夫に育てるためのもの。将来のことを考えて薄毛・抜け毛予防に使っていきたいという人、頭皮のアンチエイジングを考えている人にもおすすめです。

普段から頭皮のためのエイジングケアを!

生え際の髪のボリュームは、女性の見た目年齢に大きな影響を及ぼすポイントの一つ。できることならいつまでもフサフサで健康的な毛量を保ちたいですよね。そのためにも、普段から頭皮や髪の毛のエイジングケアを積み重ねていくことが大切です。

また、バランスの良い食事や規則正しい生活習慣、質の良い睡眠、適度な運動など、身体の内側からアンチエイジングに役立つを実践していきましょう。

>>厳選!女性用育毛剤おすすめ人気ランキング

関連記事

ダイエットや偏食で抜け毛が激増する理由はたんぱく質不足!対処法は?
チリチリした癖毛の髪が増えるのはなぜ?髪質が悪くなる原因と対処法
髪にいい食べ物12個・弱った頭皮と髪の毛を改善するために必要な栄養素
その抜け毛、病気かも?女性の薄毛の原因に甲状腺機能低下症の可能性