産後の抜け毛が止まらない!いつまで続く?改善する方法は?育毛剤って本当に効くの?

image

妊娠や出産というのは、女性にとってはまさに命に関わる一世一代の大仕事です。

この大きな仕事を無事に終えて、これからは育児に・・・となったときに多くの女性を悩ませるのが産後抜け毛です。

出産後、突然始まる大量の抜け毛に悩まされる人も多いのではないでしょうか?

なかなか抜け毛がおさまらずに薄毛になってしまう人も中にはいらっしゃるようです。

いつまでも綺麗なお母さんでいたい!

このまま薄毛になってしまうのは嫌!

女性ならば当然の願いですよね。

産後抜け毛が始まったら、どのように対処すれば良いのでしょうか?

ここでは、産後抜け毛の原因やメカニズム、産後抜け毛を改善させるための対処法についてご紹介します。

産後の抜け毛が起こる原因とは?

赤ちゃんを出産した後に、突然増えはじめる抜け毛。なぜ産後に大量の髪の毛が抜けてしまうのでしょうか?

産後の抜け毛の主な原因は、女性ホルモンの変化であると言われています。

産後と産前ではホルモンバランスが大きく変化します。こではそのメカニズムについて解説していきます。

妊娠中は、女性ホルモンであるエストロゲンとプロゲステロンの分泌量が一時的に増加します。

しかし、出産後にはこれらの女性ホルモンは急激に減少し、プロラクチンという母乳の分泌を促すホルモンの分泌が増加します。

エストロゲンは髪を美しく丈夫にする

ところで、エストロゲンには髪の毛を健康的に維持する働きがあります。

女性の髪は、男性と比べて美しく艶があり、しなやかですよね。これはエストロゲンの働きが大きく影響しています。

また、女性の髪の毛の成長期は男性と比べて長いという特徴があります。髪の成長期が、男性は3〜5年であるのに対し、女性は4〜6年もあります。これもエストロゲンの働きによるものです。

このように、エストロゲンは髪の毛の成長に深く関わりがあります。

妊娠中にはエストロゲンが多く分泌されているため、髪の成長期が長くなり、髪の毛が抜けにくくなります。また、髪には艶が出て、より美しくなっていたはずです。

ところが、出産すると、一気に女性ホルモンの分泌が減ります。

そうすると、これまで美しく維持されていた髪の毛もその影響を受け、抜け毛が増えたり、髪に艶がなくなってパサパサになってしまったりします。

このような体質変化は出産にはつきもので、どうしても避けることはできません。

妊娠中の10ヶ月をかけてゆっくりと増えてきた女性ホルモンが突然減り、違うホルモンが増えるという急激なホルモンバランスの乱れが起こるのですから、身体はすぐには対応できずあちこちで不調が出てきます。

産後の身体が元通りになるまでの期間を産褥期と呼び、6〜8週間ほどは不調を感じることもあります。

産後、妊娠や出産のために備えていた体が元に戻ろうとするため、体の中では急激な変化が起こっています。産後の抜け毛というのはそういった中での変化のひとつと言っていいでしょう。

放っておいても自然に治るという方も少なくありませんので、生理現象のひとつとして覚えておくといざというときにも慌てずに済むでしょう。

産後抜け毛は7割が経験

ちなみに、出産を経験した女性のうち7割が産後の抜け毛を経験しているそう。

産後の体調不良を抱えながら、抜け毛まで起こってしまうと不安がどんどん大きくなってしまいますよね。

でも、実際には多くの女性が産後抜け毛を経験しています。

あまり考えすぎると精神的ダメージやストレスになってしまいますので、ゆったりと回復を待つという気持ちも大切です。

正常なら産後半年で抜け毛は治る

毎日抜け毛を眺めていると、「この状態がいつまでも続いてしまうのでは?」とか、「このままハゲてしまうのでは?」と心配になってしまうかもしれません。

でも、安心してください。

正常な状態なら、半年ほどで抜け毛は治まり、徐々に髪の毛が元の状態まで回復していきます。

もし1年経っても抜け毛が治まらなかったり、逆に髪のボリュームが減ってしまうようなら本格的な薄毛治療が必要となります。

産後抜け毛が起こるそのほかの要因

なお、産後抜け毛にはホルモンバランスの崩れ以外にも様々な原因があります。

ストレス・不安感・精神的ダメージ

産後抜け毛が起こる原因の一つにストレスがあります。

出産という大仕事を終えると、次は子育てが待っています。

子育てにおいては誰もがストレスを感じるものですし、特に初めての出産・子育てであれば肉体的にも精神的にも大変だと思います。

子育てに追われて生活リズムが乱れてしまったり、寝不足や睡眠時間の乱れがさらに精神的不安定につながることもあります。

大量に抜け毛が起こっているということ自体も不安やストレスに直結するでしょう。

image

産後の不安感や精神的不安定は、ホルモンバランスの乱れがそうさせているものという可能性もあります。

特に理由もないのになぜか不安で胸が締め付けられる、ちょっとしたことで怒ったり泣いたりしてしまう…。

こんなことがあったら、それは自分本来の感情ではなく、ホルモンがそうさせているのだと考えてください。

難しいかもしれませんが、あまりストレスを溜め込まないように、適度に発散させていきましょう。

栄養不足

意外に多いのが、産後の栄養不足の問題です。

産後の女性は体力的に疲弊しているだけでなく、赤ちゃんに授乳する必要があるため栄養不足に陥りやすいといわれています。

赤ちゃんのお世話かかりっきりになるあまり、自分のことは二の次になってしまう方も多いのではないでしょうか。

子育てや体力不足のストレスで食生活が乱れて栄養不足となってしまい、それが抜け毛へとつながっていくこともあります。

後ほど必要な栄養素についてもご紹介します。

びまん性脱毛症

薄毛は壮年男性の病気というイメージがありますが、女性でも様々な原因により薄毛になることがあります。

女性の方で抜け毛が多い場合、びまん性脱毛症の可能性もあります。

産後の抜け毛はいつからいつまで続く?

image

産後の抜け毛はいつからいつまで続くのでしょうか?

多くの場合、出産後2ヶ月くらいから髪が抜け始めるといわれています。

驚くほどの抜け毛を経験された人もいるかもしれません。

ブラッシングすればブラシに大量の髪の毛が絡み付いたり、シャンプーをすれば髪がごっそりと抜けてしまったり。

髪が長い人なら1回で排水溝が埋まってしまうことも珍しくはありません。

朝起きたときに枕に大量の抜け毛が落ちていることもあります。

あまりにも抜け毛が多いとびっくりしますよね。

抜け毛だけが話題になることも多いのですが、実際には髪質が悪化してチリチリした髪が増えたり、髪が細くなったり、白髪が増えたという人もいます。

ただし、これらはごく普通の身体の反応であり、病気ではありませんので不安になる必要はありません。

このような産後抜け毛は、通常は半年から1年ほどで自然に治まります。

ただし、体質によってはなかなか抜け毛がおさまらなかったり、薄毛になってしまう人もいます。

これはその人の体質にもよりますが、産後のケアが十分ではなかった可能性もあります。

特に高齢出産の場合は体力の回復が遅くなったり、なかなか抜け毛が改善しないことがあります。

産後の抜け毛を改善するための対処法・治療法

image

産後の抜け毛は多くの場合は自然に治りますので、一般的には治療などを行う必要はありません。

しかし、抜け毛の量をできるだけ少なくし、なるべく早く髪を回復させるためにも、普段の毛髪ケアが重要になってきます。

抜け毛の症状がひどい方、いつまで経っても抜け毛がおさまらない方、薄毛に進行してしまった方は治療が必要です。

ここでは、薄毛の治療法についてもご紹介していきます。

髪に必要な栄養を摂取する

産後の女性は栄養不足に陥りがちです。

特にカルシウムや鉄分などのミネラルが不足しがちになるため、しっかりと栄養を補給しましょう。

髪に必要な栄養素には以下のものがあります。

  • タンパク質
  • 鉄分
  • 亜鉛
  • ビタミンB群
  • ビタミンE

健康のために野菜をたっぷり食べようと考えている方もいらっしゃるかもしれませんが、野菜には食物繊維が含まれているため、動物性食品に比べると吸収率が3分の1以下になります。

産後は赤ちゃんへの授乳も必要ですので、十分に栄養を補給しておきたいところです。

image

ホルモンバランスを整えるためには大豆イソフラボンを摂取しましょう。

大豆製品に多く含まれる大豆イソフラボンが女性ホルモンに似た働きをしてくれるので、身体の調子が整い、髪の状態も良くしてくれます。

豆乳、納豆、豆腐などの大豆製品を食卓に取り入れてみてください。

詳しくは髪にいい食べ物12個・弱った頭皮と髪の毛を改善するために必要な栄養素をご覧ください。

赤ちゃんのためにも、お母さんが明るく元気で笑顔でいてくれることが一番。

そのためには、髪のお悩みなんてさっさと解決してしまった方がいいですよね。

mynature

薄毛で長年悩んできた私が続けているのがマイナチュレの育毛サプリです。

なぜこれを選んだかといえば、含有成分がどこよりも圧倒的に多いからです。

オールインワンサプリと名付けられているだけあって、女性に不足しがちな成分がこれ一つで摂取できます。色々な種類を飲まなくていいというのが便利なんです。

私の場合、髪の毛がかなり抜けてしまい、てっぺんが薄くなってしまっていたのですが、サプリメントを飲み続けてかなり復活しました。

それだけではなく、髪にツヤも戻ってきて髪年齢が若返ったと思います。

やはり、飲む前と後では全然違います。

どうしても忙しくて食事がおろそかになってしまうという方は、こういうサプリメントをうまく利用してみてくださいね。

▶︎ 無添加育毛オールインワンサプリ[マイナチュレ] (公式サイト)

ストレスを溜め込まない

必死に育児を続けていると、自分がどれだけストレスを抱え込んでいるかにも気づかなくなってしまいます。

ストレスはホルモンバランスを乱れさせるばかりか、髪の毛を作る毛母細胞を攻撃して、抜け毛の増加をもたらしてしまうこともあります。

ストレスを放置することは、薄毛や白髪を増加させることにつながってしまうのです。

悩みや不安は誰かに相談し、一人で抱え込まないこと。忙しくても、できるだけ規則正しい生活を心がけることが大切です。

睡眠不足や不規則な生活は、自律神経を乱れさせ、心と身体に大きなストレスをもたらします。

赤ちゃんの夜泣きなどでなかなか睡眠時間がとれないという人も多いのでは?

そういう人も、できるだけ一人の時間を作り、こまめに睡眠をとるように工夫してみてください。

イライラしたら、ハーブティーを飲んだりアロマテラピーを試してみるのも手。

心と身体をしっかりと休め、リラックスできる時間を作ってくださいね。

育毛剤を使う

食事で栄養を摂取することも大切ですが、体調によってはなかなか毛根まで栄養が届かないこともあります。

そういう時には、育毛剤を使って頭皮をケアしましょう。

育毛剤を使うのが不安という方もいるかもしれません。

育毛剤を使い始めたら、やめた途端にまた抜け毛が始まるのでは?とか、育毛剤を使っているのが旦那さんにバレたら恥ずかしい!という方もいるかもしれませんね。

育毛剤といっても種類は様々。

男性用のミノキシジルが入った育毛剤であれば、やめた途端に効果が途切れてしまうというケースもあるようですが、女性用育毛剤ではそういう心配はありません。

また、女性用育毛剤はとても可愛いパッケージのものが多いので、洗面台に置いていても旦那さんには気づかれないかもしれません。

当然ですが、産後抜け毛は女性が出産を命がけで頑張ったという証拠ですから、恥ずかしいと思う必要なんてないのですよ。

産後抜け毛におすすめの育毛剤は、ベルタ育毛剤とマイナチュレです。どちらも産後脱毛症に使用することができます。

私はどちらも試しましたが、どちらかといえばベルタの方が好みで効果も高かったように感じました。

使用感がそれぞれ異なりますので、お好みの方を選んでみてくださいね。

ベルタ育毛剤

belta

私が一番おすすめしているのがベルタ育毛剤です。

含有成分の種類は業界最大級で、ほとんどの成分はナノ化されているので浸透率も高いです。

とろみがあって美容液のような使い心地です。

乾くとベタつきもなくなりますので、不快感はありません。

ただ、汗っかきの方にはあまり向いていないかもしれません。

▶︎【ベルタ育毛剤】(公式サイト)

マイナチュレ

mynature1

マイナチュレは比較的若い女性にも人気の育毛剤です。

サラサラとした質感でさっぱりとした使い心地です。

ただ、成分はナノ化されていませんので、この点ではベルタに劣るかも。

また、ノズルが少し使いづらく、液だれしやすいという欠点があります。

初回980円送料無料というのは魅力ですから、まずは両方試してみてもいいかも。

マイナチュレのサプリメントと合わせて使えばより効果的だと思います。

▶︎ 無添加育毛剤マイナチュレ(公式サイト)

シェアする

フォローする