抜け毛を防ぐ正しい髪の洗い方は?薄毛が改善するシャンプーのやり方を知ろう!

image

突然抜け毛が増えたり、薄毛が進行したりして、慌てて正しいシャンプーの仕方について検索される方も多いと思います。

頭皮が健康な時には、髪の洗い方なんて特に気にしない方が大半ではないでしょうか?

しかし、実は毎日の洗い方こそが頭皮の状態を決定する大きな要因の一つなのです。

正しい洗い方によりコシのある美しい髪を保つことができる一方で、間違った髪の洗い方によりダメージが蓄積され、抜け毛やフケなど、頭皮トラブルを引き起こしやすくなってしまいます。

正しい洗髪法を学んで、頭皮の老化を予防し、いつまでも若々しい髪を保ちましょう。

このページを最後まで読むと、

  • プロも実践している正しい髪の洗い方
  • びまん性脱毛症になった筆者のコンディショナーの使い方
  • 正しい髪の乾かし方

が明確にわかります。

では、早速見ていきましょう。

プロも実践している正しい髪の洗い方

まずは、美容師やヘアエステなど髪のプロも実践している正しい髪の洗い方・シャンプー方法についてご紹介します。

①髪を洗う前にブラッシングする

お風呂に入る前に、あらかじめ髪をブラッシングしておきます。

ブラッシングすると、髪表面のフケや汚れが浮くので、お湯で流れやすくなります。

また、指通りが良くなるため、洗っている最中に髪が絡むことが少なくなり、洗髪による髪のダメージを減らすことができます。

髪の毛は、濡れている間に絡み合うことでキューティクルが傷んでしまいます。ブラッシングは、そういったダメージをできるだけ減らすための作業です。

②お湯でしっかりと表面の汚れを落とす

シャンプーを始める前に、時間をかけてお湯で十分に髪を濡らします。

この行程をしっかり行うことで、髪表面の皮脂やほこりなどはほとんど流れ落ちます。

また、シャンプーの泡立ちが良くなり、少ない量で洗うことができます。

③シャンプーを泡立ててから使う

シャンプーをボトルから手に出して、そのまま髪につけるのはやめましょう。髪で泡立てると、キューティクルが傷つきやすくなります。

また、地肌にシャンプーを直接つけるとシャンプーの伸びが悪くなるので、たくさんの量を使わなければならなくなります。そうなると、洗浄成分により頭皮の皮脂が過剰に除去され、乾燥が進んでしまいます。

まずは手のひらで泡立ててから、生え際に指を通し、泡を広げていきます。

シャンプーの泡は、頭皮全体に行き渡れば十分です。毛先の方に改めてシャンプーを継ぎ足す必要はありません。毛先は残った泡で軽く洗うようにしましょう。

④生え際から頭皮を洗う

生え際から頭頂部に向かって、指で頭皮全体を動かすようにマッサージしながら洗っていきます。

おでこ、耳の上、耳の後ろ、うなじなど、生え際の方から頭頂部に向かって洗うことを意識してください。

頭皮をこするというより、頭皮をグルグル動かすように行うと効果的です。

頭皮のコリをほぐし、血行を良くしていきますので、頭皮が柔らかくなり、髪が生えやすい状態になります。

後頭部は、頭皮の血行が悪くなりやすい場所です。指の腹を使い、軽くジグザグと小刻みに動かしながら右から左へ、左から右へと往復させてマッサージしましょう。

これは美容室やサロンでもよく行われているマッサージ方法です。リラックスしたい時にもおすすめです。

⑤時間をかけてしっかりすすぐ

たっぷりのお湯を使ってシャンプーを残らず洗い流します。

シャンプーの洗浄成分は頭皮に悪影響を与えるため、すすぎ残しがあると頭皮や髪がダメージを受けてしまいます。フケ症や抜け毛の原因になることもありますので、この行程は最も丁寧に行ってください。

すすぎの時間は、シャンプーする時間の2倍は使うべきという意見もあります。それくらい、しっかりと時間をかけてすすがなければいけません。

個人的には、湯船のお湯を使って洗面器で洗い流すよりも、シャワーを使う方がおすすめです。

洗面器では上から下に向けてしかお湯をかけることができませんが、シャワーを使えば色々な方向からお湯をかけることができるためです。

⑥コンディショナーで仕上げる

最後に、キューティクルを保護するために、毛先の方にコンディショナーをなじませます。

しばらく時間を置いたら、しっかりとお湯ですすぎましょう。

シャンプー同様、すすぎ残しのないように注意してください。

正しい髪の洗い方にはシャンプー選びも大切

番外編:湯シャンという方法について

シャンプーを使わない湯シャンという方法もあります。湯シャンにはメリットとデメリットがあり、厳密な方法を実践するのは難しいかもしれません。

興味のある方は以下のページをご覧ください。

びまん性脱毛症になった筆者のコンディショナーの使い方

image

びまん性脱毛症の症状が悪化していた数年間、私はコンディショナーを耳から下の部分の髪にしか使用していませんでした。

神経質かもしれませんが、たとえノンシリコンであっても頭皮に触れさせたくなかったのです。

コンディショナーはキューティクルをコーティングすることで滑らかな質感にするもの。頭皮に付着すれば、頭皮の表面を少なからず覆ってしまう可能性があります。

そうなると、せっかく育毛剤を使用しても頭皮への浸透が悪くなってしまいます。育毛剤を効率よく浸透させるためにも、頭皮には余計なものを塗らない方がいいのです。

しかし、シャンプーで油分を除去した後の髪はパサパサに乾燥した状態。コンディショナーを髪の根元まで塗らないと髪のまとまりが悪くなり、ツヤ感も無くなってしまいます。

このような状態を放置すると、お出かけ前にヘアスタイルを整えることも難しくなりますし、身だしなみに無頓着な印象を与えてしまう恐れもあります。

では、私がどのように髪のパサつきを解消していたかといいうと、実は特に何もしていません。

美容成分や保湿成分が多く含まれている女性用育毛剤を使っていたため、何か特別なケアをしなくても、髪はしっとりサラサラな状態を保つことができていました。

私が使っていたのはベルタ育毛剤です。

この育毛剤は、他の女性用育毛剤とはテクスチャが全く異なり、美容液のような濃厚な使い心地です。

使用後にはベタつくこともなく、乾けばサラッとしています。

多くの成分がナノ化されていて浸透率が高いのも特徴です。

育毛剤は10本以上試しましたが、私は最も育毛効果を感じたので、ベルタを愛用しています。

気になる方は公式サイトを覗いてみてください。

▶︎【ベルタ育毛剤】(公式サイト)

シリコンについて

びまん性脱毛症がの症状が出てからというもの、私はなるべくシリコン入りのシャンプーやコンディショナーを避けるようにしています。

もちろん、シリコンは悪いものではないという主張があるのも承知していますが、賛否両論がある以上、使わないに越したことはないと考えています。

シリコンに対する考え方については、以下のページでもご説明しています。

自然乾燥はNG!正しい髪の乾かし方

image

髪の毛は、洗った後にきちんとドライヤーで乾かすまでが、ワンセットだと思います。

自然乾燥させているという方も多いようですが、髪の毛が傷むのでできるだけやめましょう。

そればかりではありません。

髪が濡れたまま放置すると、気化熱によって頭皮の体温が奪われてしまい、それにより毛細血管が収縮し、血行が悪化してしまいます。

ご存知の通り、頭皮の血行悪化は薄毛・抜け毛の主な原因となりますから、絶対に避けたいところです。

ここからは、正しい髪の乾かし方についてご説明します。

①まずはタオルドライ

濡れた髪をそのままドライヤーで乾かすのは時間がかかって非効率です。

まずは、タオルで髪を挟み、パンパンと叩きながら、髪の水分をタオルに移していきます。

注意しておきたいのは、髪をタオルでゴシゴシ拭かないこと。

濡れた髪同士を摩擦させてしまうと、キューティクルが開いて大きなダメージになってしまいます。

育毛剤やローションは、タオルドライの後に使用します。

頭皮ケアが済んだら、ヘアオイルなどを使用してもOKです。

②ドライヤーは根元に当てる

ドライヤーで髪を乾かす時には、毛先ではなく、髪の根元から乾かしていきます。

まず、片手でドライヤーを持ち、もう片方の手で髪の根元に指を入れ、小刻みに動かしながら、全体を大まかに乾かします。

髪の根元を立ち上げてふっくらさせるために、分け目とは反対側の方から髪を倒し、熱風を当てていきます。

ある程度乾いたら、分け目をいつも通りのところに戻し、軽くブラッシングします。

image

そして、髪を少しずつブラシですくい、根元から毛先まで斜めにドライヤーを当てて伸ばします。

こうすることでキューティクルが閉じ、髪にツヤが出てきます。

最後に冷風を当てて仕上げましょう。

正しい髪の洗い方・乾かし方のポイント

最後に、注意すべきポイントをもう一度チェックしておきましょう。

正しい髪の洗い方

  • シャンプー前にブラシでフケやホコリを取り除く
  • たっぷりのお湯で髪表面の皮脂や汚れを洗い流す
  • シャンプーは一旦手のひらで泡立ててから髪につける
  • 生え際から頭頂部に向かってマッサージしながらシャンプーを広げる
  • 頭皮を動かすようにマッサージする
  • 残ったシャンプーで毛先まで洗う
  • 洗う時の2倍の時間を使ってしっかりとすすぐ
  • 最後にコンディショナーで仕上げる

髪の乾かし方

  • タオルドライはポンポン叩くように
  • タオルドライの後に育毛剤やローションを使う
  • ドライヤーで乾かす時には根元に熱風を当てる
  • 最後に冷風で仕上げる

髪の洗い方一つで、頭皮や髪のコンディションは大きく変わってきます。

マッサージを組み合わせた洗い方を実践することで、頭皮の血行が良くなり、髪の健康を保つことができるようになります。

特に薄毛でお悩みの方は、頭皮の血行改善を意識して毎日取り組んでいただきたいと思います。

また、頭皮ケアの後にはドライヤーでしっかり乾かしておくことも大切。

髪のダメージを抑えることができ、寝癖がつきにくくなります。

翌朝のセットがとても楽になりますよ。

ぜひこの方法を試してみてください。

シェアする

フォローする