育毛サロンと育毛外来(クリニック)の違いとは?女性の薄毛にはどちらがおすすめ?

image

女性の薄毛・びまん性脱毛症を治療するために、まずは育毛サロンや育毛外来に行くことを考えている人が多いと思います。

大手の育毛サロンはCMなどでも見かけますし、思ったよりも身近な印象ですよね。ただ、どれほど効果があるのか、料金はどれくらいなのかが分からないので不安があるという人もいるでしょう。

また、育毛外来に通うにしても、どんな治療法があるのか、保険適用はあるのか、治療費はどれくらいかかるのかといったことが気になるかもしれません。

今回は、育毛サロンと育毛外来の違いについて詳しく解説していきます。

育毛サロンと育毛外来、どちらに通うのがいいの?という疑問にも分かりやすくお答えします。

では早速、両者の違いについて見ていきましょう。

育毛サロンとは?施術・契約方法・料金などを詳しく解説

薄毛を改善する方法として育毛サロンを思い浮かべる方も多いかと思います。

育毛サロンとは一体どんなところで、どんな施術をしてもらえるのでしょうか?

育毛サロンはエステのようなところ

育毛サロンは、育毛のためのエステティックサロンのようなところを想像していただければ分かりやすいかと思います。発毛サロンという名称を使っているところもあります。

育毛サロンは医療機関ではありませんので、医師は在籍しておらず、医療行為はできません。ここが育毛外来との大きな違いです。

施術は、ある程度の専門的知識やテクニックを身につけている施術者が行いますが、国家資格などは必要ありません。

どんな施術がある?

育毛サロンでは、主に以下のような施術があります。

  • マイクロスコープでの頭皮チェック
  • 頭皮洗浄・毛穴のクレンジング
  • 頭皮マッサージ
  • 生活習慣や食事等の聞き取りやアドバイス
  • 育毛剤・サプリメントの販売
  • カツラ・ウィッグの販売
  • 増毛

マイクロスコープによる頭皮チェックでは、毛穴のつまりや頭皮の状態、毛穴から生えている本数、毛の太さなどを観察します。

通常はここでカウンセリングやアドバイスがあります。

施術では、普段は落としきれない毛穴の奥の汚れをクレンジングで落とし、念入りに洗浄します。

頭皮マッサージはハンドで行なったり、超音波や赤外線などを使ったマシンを使用したりします。

この後、育毛剤をじっくりと浸透させて終了です。

サロンではオリジナルの育毛剤や育毛サプリメント、シャンプーなどを販売しています。サロンケアと合わせて、自宅でもケアを続けることが可能です。

料金は高額になりやすい

育毛サロンの施術は、多くの場合、定期的に受け続ける必要があります。一般的には、数回〜数十回のコースを契約するという形になっています。

期間にすると半年や1年以上は通うということが前提となっているようです。

そのため、料金も高額になりがちです。数十万円〜数百万円をローンで支払うというケースもあります。

【1回あたり〇〇円】とか【毎月たったの〇〇円】のように、支払額が少なく見えるように表示されていることがありますが、実際に全額を計算してみるとびっくりするほど高額になることが多いので注意しましょう。

無料キャンペーンなどもありますが、その際に勧誘されることがあります。冷静に比較検討してから申し込むことをおすすめします。

ウィッグや増毛が目的ならサロンを選ぶのが◎

薄毛の改善や育毛よりも、カツラやウィッグ、増毛など「薄毛を隠す」ことに力を入れているサロンもあります。

これらの分野は技術が非常に進歩しており、よく見ても本物と区別がつかないほどの自然な出来栄えです。

高額ではありますが、他人には絶対にバレたくないという人は専門のサロンで施術してもらうのがおすすめです。

以上をまとめると、育毛サロンの特徴は以下の通りです。

  • 育毛サロンの施術者に資格は必要ない
  • 数回〜数十回のコースを契約することが多い
  • 料金は高額になりやすい
  • ウィッグや増毛はサロンが◎

育毛外来とは?治療法・保険・料金などを詳しく解説

育毛外来は、医師が医療行為を行っている医療機関です。育毛専門の治療が受けられるクリニックと考えていただければ良いでしょう。

どんな治療法がある?

治療法の例として、

  • 独自配合によるメソセラピー
  • HARG療法
  • レーザー治療
  • 植毛手術
  • 外用薬や内服薬の処方

などがあります。

これらは医療行為であり、資格を持つ人しか施術を行うことはできません。

育毛外来では、治療の前に血液検査DNA検査を行うため、薄毛の原因を詳しく調べることができ、より的確な治療法を考えることができます。

保険適用は×

びまん性脱毛症の治療は、一部の例外を除き、保険適用外の自由診療となります。女性の薄毛は病気という扱いですが、髪の毛がなくなっても生命維持に影響はありません。そのため、保険適用外ということになっているようです。

なお、病気の影響や治療による副作用などで髪が抜けてしまった場合や、円形脱毛症の場合のみ、保険が適用されます。

治療費はどれくらい?

現在、育毛外来による薄毛治療は非常に進んでおり、クリニックによって様々な治療法が確立されています。

美容外科や美容皮膚科における治療と同様に、治療法が多岐に渡りますし、治療費も数千円から数百万円まで非常に幅広いのが特徴です。

特にHARG療法や植毛手術は、車が1台買えてしまうほど高額になることも。

患者の側からすると、治療の選択肢が多く、一つの方法がダメでも別の方法を色々試してみることができるというのは大きなメリットでしょう。ただ、どの方法が本当に効果的なのか分かりづらく、迷ってしまうこともあるかもしれません。

髪の毛は、無くなっても命に別条はないものですが、少ないよりは多い方がいいし、贅沢を言えば綺麗な状態で維持したいと望んでいる人が多いのではないでしょうか。しかし、効果の高い方法ほど、高額な治療費がかかってしまうということを覚悟する必要がありそうです。

クリニックごとに得意とする治療法が異なりますので、料金や治療内容などをじっくり比較検討してから決めるのがおすすめです。

内服薬に関して

女性の薄毛治療には、パントガールという内服薬を用いているクリニックが多いようです。

パントガールはパントテン酸をはじめとする栄養成分が含まれたカプセルで、薬というよりはサプリメントに近いような内容です。

なお、男性のAGA治療では一般的なフィナステリド製剤ですが、女性は副作用を起こす恐れがあるため使用できません。特に、妊娠中の女性が服用した場合には胎児に悪影響を及ぼす可能性が指摘されており、禁忌とされています。

育毛剤に関して

女性用育毛剤であれば、クリニックとサロンでそれほど大きな違いがあるということありません。また、市販品でも充実した製品が多いです。

率直に言えば、育毛外来のメリットは医療行為が受けられるというところにありますので、育毛剤の処方だけならわざわざクリニックに通う必要はないのかなと個人的には思います。

以上をまとめると、育毛外来の特徴は以下のとおりです。

  • 医療行為ができる
  • 医師が治療を行う
  • 専門的な薄毛治療を受けられる
  • 保険適用外・自由診療
  • 外用薬・内服薬の処方を受けられる

育毛サロンと育毛外来の決定的な違いは【医療行為】ができるかどうか

育毛サロンはエステのようなサービス業であるのに対し、育毛外来は医療機関です。そのため、両者は施術内容が明確に異なります。

▼育毛サロンは…

育毛サロンでは、頭皮の洗浄や、マシンやハンドでの頭皮マッサージが主な施術です。育毛効果に対する根拠が乏しいので、早期の改善は難しいでしょう。

また、育毛サロンでは長期間定期的に通い続けなければならないため、金銭的にも時間的にも負担が大きくなりがちです。

ただし、サービス業ならではの親切で細やかな対応や、特別なリラックス感を味わうことはできます。

▼育毛外来は…

一方、育毛外来では薬剤の注射やレーザー、手術など、幅広い内容の治療を受けることができます。これらはれっきとした医療行為ですので、高い効果が期待できます。

育毛外来での治療は、施術内容にもよりますが、数回で済むこともあります。

医療機関ですから、治療をしつこく勧誘されることはありません。

育毛サロンと育毛外来なら、どちらに通えばいいの?

基本的には育毛外来がおすすめです。

そもそも、女性の薄毛はストレスや生活習慣が原因でホルモンバランスが崩れているケースが非常に多いのです。それが、月1〜2回のサロン通いで改善するのかは疑問です。

根拠が乏しいものに多くの時間や費用をかけるくらいなら、ご自身で生活習慣の改善を行ったり、きちんと医師に診てもらい適切な治療を受ける方が良いと思います。

ただし、ウィッグや増毛が目的の方は、サロンでご相談されると良いでしょう。

びまん性脱毛症の原因や改善方法は?

▼ びまん性脱毛症の原因と改善方法については、こちらの記事で読むことができます。

シェアする

フォローする