ストレスが女性の薄毛の原因に!ストレス抜け毛を改善する方法は?

image67

「ストレスは万病のもと」と言われるとおり、大きなストレスというのは性別や年齢に関係なく、決していいものではありません。

実は今、女性でもストレスが原因で薄毛になっているという人が増えています。

なぜストレスで髪の毛が抜けてしまうのでしょうか?その原因と対処法について解説していきます。

ストレスが原因で薄毛になる女性が増加中

今、ストレスが原因で薄毛になるという女性が多くなっています。

働く女性であれば仕事や職場でのストレス、家庭に入っている女性であれば家庭や育児でのストレスなど、それぞれの活躍する場所で何かしらのストレスを受けることになります。

特に近年では子育てをしながら働く女性が増え、あらゆる種類のストレスが降り掛かっているという人も少なくありません。

適度なストレスであれば人生をより豊かなものにしてくれるのですが、大きなストレスは心の面でも身体の面でも大きな害を及ぼすようになります。

ストレスから心の病、身体の病となってしまう方も多く、そのような症状の中のひとつに薄毛や抜け毛もあります。

女性にとって髪の毛は特別なものです。薄毛になってしまうこと自体がまたストレスとなり、悪循環となってしまうことも珍しくありません。症状の悪化を防ぐためにも、「なんで自分だけ・・・」と自分を追い詰めたり、悲観しないようにしてください。

ストレスで髪が抜けるメカニズム

image56

一体なぜストレスで髪の毛が抜けてしまうのでしょうか?

ストレスはホルモンバランスの崩れを引き起こす

ストレスはホルモンバランスが崩れを引き起こします。

女性の場合、ストレスによって女性ホルモンが低下するようになり、それによって髪の毛が細くなってしまったり、全体的に髪が薄くなることがあります。

もともと女性ホルモンは髪に深く関係しているホルモンです。女性ホルモンによって髪を作る幹細胞や頭皮が作るコラーゲンなどの生成の促進がなされていきますので、健康的な髪のためには女性ホルモンは欠かすことのできないものといえます。

ストレスは自律神経の乱れを引き起こす

それだけではありません。ストレスは、自律神経の乱れを引き起こします。

ストレスにより自律神経が乱れると、交感神経が優位に働くようになります。

交感神経は、一般的に活発に活動しているときや緊張状態にあるときに働くもので、闘争と逃走の神経などとも呼ばれています。身体はいつでも反応できるように筋肉が固くなり、血管は収縮し、感覚は敏感になります。小さなことでイライラしやすくなるのも交感神経が働いているときです。

これに対し、副交感神経は、リラックス状態にあるときに優位に働きます。寝る前やご飯を食べた後などにゆったりとした気持ちになりますよね。このとき副交感神経が優位に働いているのです。

ストレスによって交感神経が優位に働くようになると、筋肉が凝り固まってしまい、毛細血管が収縮するため、血流が悪化します。血流が悪化すると、毛根に酸素や栄養が届きません。

そのため、生えている髪は抜けやすくなり、新しく生えてくる髪も弱々しくなり、簡単に抜け落ちてしまいます。

女性の髪が抜けてしまうのは、このようなストレスから来るホルモンバランスの崩れと血流の悪化によるものが大きな原因となっています。

ストレスによる抜け毛・薄毛を解消するには?

image

ストレスによる抜け毛を解消するにはどうすればいいのでしょうか?

ストレスを軽減するためには自律神経を整え、ストレスに耐えられる身体作りをしていくことが大切です。ストレスが溜まっていると感じたら、その都度発散していきましょう。

ストレスを発散する方法は様々ですが、やはり運動をするのが最も効果的。身体を動かすことで筋肉をほぐし、自律神経を正常に導きます。

お笑い番組やコメディー映画を見て、心の底から思いっきり笑うのもおすすめです。笑うことで幸福感を得られる脳内物質であるセロトニンを分泌させ、精神的ストレスを軽減します。

趣味に熱中したり、適度なお酒を嗜んだり、カラオケや気の合う友人たちとのお喋りにもストレスを解消する効果があります。

  • 運動する・身体を動かす
  • お笑い番組やコメディー映画を見る
  • 趣味に熱中する
  • 適度なお酒
  • 気の合う友人たちとのお喋り
  • アロマ
  • ハーブティー
  • マッサージやエステ

ただし、ドカ食いや甘いものを大量に食べるようなことは控えるようにしてください。満腹中枢が麻痺するとストレスが解消しないどころか、いくら食べても満足できなくなったり、食のバランスが崩れて抜け毛が悪化する可能性もあります。

また、砂糖には脳内麻薬を分泌させる作用があるため、甘いものを食べすぎると砂糖依存症を発症することもあります。「食」は、育毛にも深く関わる重要な要素ですので、おろそかにしないようにしましょう。

さて、ここからはストレスによる抜け毛を回復させる方法についていくつかご紹介します。

頭皮マッサージ

ストレスにより、全身の毛細血管が収縮し、血行が悪くなります。これが薄毛や抜け毛の原因となります。

そこで、頭皮マッサージを行うことで頭皮の血行を良くするのも効果的です。

ストレスが溜まっている人ほど頭皮が凝り固まっている傾向があります。頭のツボを刺激したり、頭皮を優しく揉み解すようにすると血行が改善します。

頭皮マッサージは、入浴後の頭皮がしっかり温まっているときに行うとより効果が高まります。蒸しタオルなどで頭皮を温めても良いでしょう。

マッサージを行うときには、爪を立てたり強く指圧しすぎないように注意してください。

腹式呼吸

通常、自律神経は無意識に働くものですので、コントロールすることはできません。しかし、腹式呼吸を行うことで、副交感神経を優位にすることができます。

腹式呼吸を行う際は、横隔膜の動きに意識を集中させましょう。息を吸いながらお腹を膨らませ、吐きながらお腹を引っ込めます。これを、気持ちが落ち着くまで何度も繰り返してください。

半身浴

ぬるま湯に40分ほどつかり、半身浴をするのもおすすめです。大体38℃から40℃のぬるめのお湯にじっくりとつかることで、副交感神経が優位になります。熱いお湯につかると交感神経を刺激し、逆効果になりますので注意が必要です。

寝る前に部屋を薄暗くする

寝る時間の30分くらい前から部屋を薄暗くしておくと、自然に入眠できるようになります。昼間は明るく、夜は暗いという自然の摂理を実践することで、自律神経が整いやすくなります。

育毛には質の良い睡眠が必要不可欠。ぐっすりと眠ることで成長ホルモンの分泌を促します。

寝る前にスマホを見ない

寝る前にスマホをいじる癖のある人は要注意。

スマホの明るい光が目に入ると、脳が昼間だと錯覚してなかなか寝付けなくなります。すると、自律神経が乱れ、ストレスが溜まりやすい身体になってしまいます。

寝る前には本を読んだり、静かな音楽を聴きながらゆったりと過ごすようにしましょう。

ストレスを軽減する栄養素を摂取する

ストレスは身体に様々な負担をもたらしますが、それによりある特定の栄養素を過剰に消費します。

  • たんぱく質
  • カルシウム
  • 鉄分
  • 亜鉛
  • ビタミンC
  • ビタミンB群

これらの栄養素を意識的に摂取することで、ストレス耐性のある身体作りをしていくことができます。

育毛剤を使う

ストレスによる抜け毛が起こる原因は、頭皮の血行が悪化し、毛根に栄養が行き届かなくなるからです。このような場合、直接毛根に栄養を浸透させる育毛剤を使用するのが効果的です。

ストレスによる抜け毛が酷い場合は病院へ!

ストレスの自覚があり、あまりにも抜け毛が酷い場合はできるだけ早めに病院に行き、医師の診察を受けてください。

ストレスが酷くなると、別の病気や体調不良を引き起こす恐れもあります。症状が悪化する前にきちんと対策をとりましょう。

>>厳選!女性用育毛剤おすすめ人気ランキング

関連記事