チリチリした癖毛・アホ毛が増えるのはなぜ?髪質が悪くなる原因と対処法

image

早い人は30歳前後から徐々に増えてくる、うねりのある癖毛。頭頂部からチリチリとした伸びかけの髪がピンと立っていると目立ってしまうし、どうやって処理すればいいのか悩みますよね。

元々は綺麗なストレートヘアだったはずなのに、ある時から急にチリチリした癖毛が一気に増えてきたという人は要注意。

このチリチリ癖毛、加齢による髪質変化のはじまりである可能性があります。放っておくと全体的に髪質が悪化し、艶のないうねりのある髪の毛ばかりが生えてくる恐れも。

迫りくる髪質変化の波を乗り越え、艶のあるストレートヘアを維持するにはどうすればいいのでしょうか?

今回は、チリチリ癖毛を改善し、美しい健康的な髪質を保つ方法についてご紹介します。

チリチリした癖毛が増える原因とは?

子供の頃はサラサラなストレートで、特に手入れをしなくても天使の輪っかができていたものです。

しかし、年齢を重ねるごとに髪質が変化し、チリチリとした癖毛の髪が増えてしまう…。

その理由は一体なんなのでしょう?

  • 髪がゴワゴワになった
  • 伸びかけの髪がチリチリして目立つ
  • 枝毛ができやすい髪質になった
  • 光が分散して天使の輪っかができない
  • 髪の毛がうねるようになった
  • ねじれたイビツな髪の毛ばかり生えてくる
  • 髪にハリやコシがなくなり、弱々しい
  • 髪がざらざらしていて手触りが悪い

このような髪質変化が起こる原因には主に以下のようなものが考えられます。

加齢による頭皮の老化

お肌の曲がり角は20代といいますが、頭皮も同様に折り返し地点を過ぎて、徐々に老化する過程にあります。早い人で20代後半頃からなんとなく髪質が変わってきたように感じるのではないでしょうか?

顔の皮膚が年齢とともに弾力を失い、毛穴の開きや皺が増えていくように、頭皮も弾力を失い、皮膚にたるみや皺が生じ、毛穴が歪んでいきます。

歪んだ毛穴からは、歪んだ髪の毛しか生えません。通常、ストレートヘアの断面は綺麗な円形をしています。ところが、チリチリとしたうねりのある髪の断面は楕円形をしているか、いびつな形状をしています。

髪の伸び方もストレートヘアのように均一ではなく、不均一な状態で伸びていくため、くねくねと曲がった状態で伸びてしまうのです。

では、なぜ毛穴に歪みが生じてしまうのかというと、顔の毛穴と同様に、加齢や水分不足による頭皮のたるみが原因です。

改善するためには、頭皮の保湿ケアやたるみ予防を行っていく必要があります。

栄養不足

栄養が不足していると、髪の毛を作るために必要な材料が不足し、一時的に髪質が悪化することがあります。

特に女性に多いのが無理なダイエットです。食事制限をしすぎたり、野菜中心の偏った食生活を送ることで、髪に必要な栄養が不足し、毛根が飢餓状態に陥ります。その結果、健康的で丈夫な髪の毛が生えてこなくなるのです。

不足すると髪の毛に重大な悪影響を及ぼす栄養素として、亜鉛、銅、鉄分などのミネラル、ビタミンB群、ビタミンE、タンパク質などがあります。これらが不足すると、抜け毛や白髪が増加したり、髪質が悪化してしまいます。

栄養状態が悪くなった時に、一番先に影響が出るのが髪や爪。なぜなら、髪や爪は生命維持に関係がなく、身体にとって最も重要性の低い部位だからです。そのため、栄養が足りない場合は真っ先に切り捨てられてしまいます。

ストレス

ストレスによって抜け毛や白髪が増加することは知られていますが、髪質にも影響します。

ストレスは交感神経を優位にさせるため、ストレスが溜まると筋肉が固くなり、毛細血管が収縮します。すると、頭皮の血流が悪くなり、毛根にある毛母細胞に十分な酸素や栄養が運ばれなくなります。栄養不足に陥った毛根からは、健康的で丈夫な髪の毛は伸びません。

また、ストレスは活性酸素を増加させるため、老化を促進させることが明らかになっています。頭皮の老化は毛根や髪の毛の弱体化に直結しますので、できるだけストレスを溜め込まないように、適度に解消させていく必要があります。

ストレスが女性の薄毛の原因に!ストレス抜け毛を改善する方法は?

メラニン色素の減少

髪の色素が以前と比べて薄くなっているなら、メラニン色素の減少が髪のうねりの原因かもしれません。

白髪って、ゴワついていたり、うねりのあるものが多いですよね。

黒髪がしなやかでハリがあるのに対し、白髪はパサパサ・ゴワゴワしていて乾燥しています。

これは、メラニン色素が親水性であるため、黒髪の方がたくさん水分を含んでいるからです。

また、白髪は黒髪と比べてうねりが出やすいという研究結果も存在します。

髪の毛に含まれているメラニン色素は、年齢を重ねるごとに減少しやすいので、サプリメント等で予防ケアを行うのがおすすめです。

ホルモンバランスの崩れ

ハリやコシのある丈夫で健康的な髪の毛には、女性ホルモンが大きく関わっています。

なぜなら、女性ホルモンであるエストロゲンには髪の毛を美しく艶やかにする働きがあるからです。

女性は30代からエストロゲンの分泌が減少しはじめ、ホルモンバランスが崩れがちになります。そして、40代に入ると一気に下降していきます。

このように、ホルモンバランスの変化は髪質に大きく影響します。

それだけではありません。抜け毛の増加、薄毛、びまん性脱毛症などの大きな髪トラブルも発生しやすくなります。

髪質変化はそれを知らせるシグナルかもしれません。

チリチリ癖毛を改善せよ!髪質変化を阻止するための対処法

ここまで、30歳前後から始まる髪質変化の主な原因についてご紹介しました。

では、年齢によるクセ毛の増加を予防するためには具体的にどんな対策をとればいいのでしょうか?

ポイントは2つです。

①しっかりと毛根に栄養を与えること。

②頭皮を洗い過ぎないこと。

これらの点から具体的な対策を見ていきましょう。

髪にいい栄養素を摂取する

頭皮の老化を予防するには、規則正しい生活や質の良い睡眠、健康的でバランスの取れた食生活を送ることが大切です。

30代以上の女性の多くは、身体の維持に必要な栄養をが不足しています。特にミネラルの不足が多くみられ、病気やトラブルの原因にもなっています。

現在、美容意識の高い女性の間で野菜中心の食生活を送る人が増えていますが、肉や魚を全く食べないとミネラル不足に陥りがちです。

髪の毛の生成に必要な亜鉛、鉄分、銅などのミネラルは、主に動物性の食品に多く含まれています。また、髪の主原料となるタンパク質についても、動物性食品の方が吸収が良いため、植物性食品だけで摂取しようとするとどうしても効率が悪くなります。

食事はバランスが大切です。全ての栄養素がまんべんなく摂取できるようなバランスの良い食事を心がけましょう。

髪にいい食べ物12個・弱った頭皮と髪の毛を改善するために必要な栄養素

マイナチュレ無添加オールインワン育毛サプリ

mynature

食事だけで必要な栄養を満たすというのはなかなか難しいかもしれません。そんな時には、サプリメントを利用するのもおすすめ。

育毛サプリは髪に必要な栄養素をバランスよく配合しているので、手軽に摂取できて便利です。

マイナチュレ育毛サプリは含有成分の多さがダントツですので、他社の育毛サプリと比較しても成分が網羅されています。

1日たった3粒でいいというのも続けやすい嬉しいポイント。

女性ならいつまでも綺麗な髪を維持したいですよね。もちろん筆者も毎日飲んでいます。

▶︎ 無添加育毛オールインワンサプリ[マイナチュレ] (公式サイト)

低刺激のシャンプーを使う

シャンプーは、年齢や髪質によって選び方を変えるべきです。若い頃には何の問題もなく使えていたシャンプーでも、年齢を重ねて乾燥しやすくなった頭皮には刺激が強すぎる場合があります。

ドラッグストアやスーパーなどで安売りされている低価格のシャンプーには、コストの安い材料が使われています。

はっきり言ってしまえば、有名メーカーのものほど大量生産されているので、頭皮に良くない洗浄成分が入っています。

その代表的なものが、ラウリル硫酸ナトリウムをはじめとする高級アルコール系の洗浄成分です。

高級アルコール系の洗浄成分は、少ない量でもパッと泡立つので使いやすいと感じるかもしれません。しかし、実は脱脂力や洗浄力が非常に強く、皮膚に刺激やダメージを与えやすいというデメリットがあります。

また、頭皮に必要な皮脂まで根こそぎ奪い去ってしまうため、乾燥を促進してしまいます。

年齢を重ねるごとに頭皮は皮脂分泌が減り、デリケートになっていきます。これからは低刺激で洗浄力がソフトなアミノ酸系シャンプーを使用するのがおすすめです。

シャンプーに含まれるラウリル硫酸ナトリウムの危険性と頭皮へのダメージとは

髪質の変化に気付いたら早めの対処を!

髪質の変化に気付いたら、できるだけ早く対策を取るようにしましょう。

髪質の変化は将来の薄毛や白髪のリスクをはらんでいます。放っておくと、髪が細くなったり抜け毛が増加して、取り返しのつかない事態に陥ることも。

今ある髪の毛を大切にケアして、10年後、20年後も健康的な髪の毛を維持できるようにしていきたいですね。

関連記事

シェアする

フォローする