シャンプーに含まれるラウリル硫酸ナトリウムの危険性と頭皮へのダメージとは

image

女性の薄毛の原因には様々なものがありますが、シャンプーによる悪影響も決して無視することはできません。

市販されているシャンプーは数々の試験をクリアして世の中に出ているので、安全に違いないと考える人もいるでしょう。

しかし、多くの低価格帯のシャンプーにはコストの安い合成界面活性剤が使われており、体質によっては害を及ぼすものもあります。

なぜ安全なはずのシャンプーがトラブルの原因となってしまうのでしょうか?

今回は、多くの市販のシャンプーに含まれている高級アルコール系洗浄成分である「ラウリル硫酸ナトリウム」の危険性と、頭皮や髪に及ぼすダメージについてご説明します。

ラウリル硫酸ナトリウムについて

image

市販のシャンプーの多くには、強力な洗浄力のある合成界面活性剤が使用されています。

なかでもシャンプーの泡立ちを良くするための洗浄成分としてよく使われているのが「ラウリル硫酸ナトリウム」です。

ラウリル硫酸ナトリウムとは、アニオン界面活性剤(洗浄剤)の一種です。「ドデシル硫酸ナトリウム」とも呼ばれています。

スーパーやドラッグストアなどで安売りされているようなシャンプーには含まれている可能性が高いと言えます。

表記方法に違いはあるものの、以下は全て同じ成分を表しています。

  • ラウリル硫酸ナトリウム
  • ラウリル硫酸Na
  • ラウリル硫酸塩
  • ドデシル硫酸ナトリウム
  • ドデシル硫酸Na

ラウリル硫酸ナトリウムの特徴

ラウリル硫酸ナトリウムには、以下のような特徴があります。

  • 泡立ちが良い
  • 洗浄力が強い
  • 皮脂の除去力が強い
  • 分子が小さく皮膚に浸透しやすい
  • コストが安い

シャンプーにおいては泡立ちと洗浄力を重視する方も多いのではないでしょうか。

ラウリル硫酸ナトリウムは泡立ちがよく、強い洗浄力を持っています。

シャンプーをしたときのモコモコとした泡立ちの良さや、洗い上がりのスッキリ感は、ラウリル硫酸ナトリウムの特徴といえます。

その反面、とても洗浄力が強く、脱脂力が強いので、頭皮の皮脂を除去しすぎてしまうというデメリットがあります。

また、ラウリル硫酸ナトリウムの分子量は非常に小さいため、皮膚に浸透しやすく、炎症や皮膚トラブルを引き起こしやすいという問題もあります。

ラウリル硫酸ナトリウムの危険性

シャンプーに含まれるラウリル硫酸ナトリウムが頭皮にダメージを及ぼす可能性は、以前から指摘されています。

痒みや炎症を引き起こしやすい

ラウリル硫酸ナトリウムは洗浄力が非常に強いため、デリケートな頭皮には刺激となる恐れがあります。

また、敏感肌や乾燥肌の方は、ラウリル硫酸ナトリウムの含まれているシャンプーを使うことによって痒みやかぶれ、炎症、乾性フケなどを引き起こすことがあります。

皮膚に浸透してダメージを及ぼす

ラウリル硫酸ナトリウムの分子量は非常に小さいため、皮膚に浸透しやすいと言われています。

これが美容成分などであれば安心なのですが、ラウリル硫酸ナトリウムはあくまでも石油由来の化学物質であるため、皮膚にダメージを及ぼします。

頭皮の乾燥を促進する

ラウリル硫酸ナトリウムには強い洗浄力があるため、頭皮を保護するために必要な皮脂まで奪ってしまう危険性があります。

皮膚のバリア機能が失われるため、頭皮が外敵に直接晒されることになり、炎症やかぶれなど様々な頭皮トラブルを引き起こしやすくなります。

必要な皮脂が奪われることにより、頭皮の乾燥が進み、シワやたるみといった頭皮の老化を促進させる引き金になる恐れもあります。

頭皮の乾燥が進めば、弾力がなくなり、皮膚が薄くなります。すると、毛穴の歪みが生じ、髪質の悪化や抜け毛を引き起こす可能性もあります。

ラウレス硫酸ナトリウム

ラウリル硫酸ナトリウムとよく似た名称の「ラウレス硫酸ナトリウム」という成分もあります。

ラウレス硫酸ナトリウムは、ラウリル硫酸ナトリウムよりも分子が大きいため、皮膚からの吸収はされにくくなっています。

ただし、ラウリル硫酸ナトリウムと似た分子構造を持つ成分の合成界面活性剤ですので、依然として強力な洗浄力や脱脂力があります。

刺激性や毒性の強い成分であることには変わりがありませんので、シャンプー選びの際には十分な注意が必要です。

洗浄力の強いシャンプーを使うことで生じるダメージとは?

image446

ラウリル硫酸ナトリウムやラウレス硫酸ナトリウムなどの合成界面活性剤が含まれたシャンプーを使用すると、乾燥や炎症などの頭皮トラブルを引き起こしやすいことが知られています。

トラブルを引き起こしやすいのであれば、なぜ多くの市販のシャンプーで使われているのでしょうか?

合成界面活性剤は泡立ちがよい上にコストを安く抑えることができるため、メーカー側にとっては非常に扱いやすい成分なのです。

もちろん、市販のシャンプー全てに問題があるというわけではありません。

有名企業が作っているものですので、ある程度の安全性は保障されています。

しかし、乾燥や痒み、炎症を引き起こす人が多く存在するのも事実です。

頭皮トラブルが発生するかどうかは使用する人の体質によっても異なります。

多くの人が使っているから、あなたにとって安全性が高いということにはなりません。

洗浄力が強いシャンプーと使い続けると、体質によっては抜け毛や薄毛、フケ、かゆみ、炎症、頭皮の老化など、様々な症状を引き起こす可能性があります。

シャンプーを選ぶときは慎重に!

頭皮に異常を感じた場合はすぐに使用をやめましょう。

はじめのうちは症状が軽くても、使い続けるうちに炎症を引き起こしたり、抜け毛や薄毛の原因になるなど、取り返しのつかない事態に陥る可能性もあります。

シャンプーを選ぶときには、成分表示をしっかりと確認しておくことも大切です。

シャンプーが原因で頭皮トラブルを引き起こした場合は、お早めに医師にご相談ください。

関連記事

乾燥?病気?白髪?頭皮が痒くなる原因と対処法
頭皮が乾燥してフケがパラパラと落ちてくるときの原因と対処法
チリチリした癖毛の髪が増えるのはなぜ?髪質が悪くなる原因と対処法
湯シャンは臭い!?抜け毛改善方法としての効果はあるの?

シェアする

フォローする