【乾性フケの治し方】パラパラと乾燥したフケが出る原因と対処法・おすすめシャンプーは?

image

乾燥したフケがパラパラと肩に落ちてしまう。

フケの形状は薄くて小さめ。

頭皮はカサカサして乾燥気味。

このような症状が出たら、乾性フケの可能性があります。

フケには、頭皮の乾燥や代謝異常が原因の「乾性フケ」と、皮脂の分泌過多が原因の「脂性フケ」の2種類があります。

頭皮の乾燥が進むと、痒みやかぶれ、炎症を引き起こしやすくなり、フケ以外の症状に発展する恐れも。

ここでは、乾性フケの原因と対処法について解説します。

乾性フケとは?

乾性フケは、パラパラと肩に降り積もるような乾燥したフケをいいます。

頭皮の乾燥が進むことで皮膚のターンオーバーが早まり、次々にはがれ落ちた角質層がフケとなります。

皮脂の分泌が少なく、頭皮が乾燥している人に発生しやすい症状です。

本来、皮脂には皮膚の水分が蒸発するのを防ぎ、外部からの刺激から守るという役割があります。

しかし、皮脂の分泌が減ると、頭皮の水分を保つことができず、乾燥が進んでしまいます。

頭皮が乾燥すると皮膚のバリア機能が低下するため、痒みや炎症などの頭皮トラブルを引き起こしやすくなります。

また、皮膚の水分量が減っていることから、頭皮の老化を早める原因となる恐れもあります。

乾性フケの特徴

  • 肩にフケがパラパラと落ちる
  • フケの形は薄くて小さい
  • 白っぽい色をしている
  • 乾燥肌・敏感肌
  • 頭皮が乾燥している
  • 乾燥性の痒みがある

乾性フケの原因

乾性フケの原因には以下のものが挙げられます。

シャンプーによる皮脂の過剰除去

洗浄力の強いシャンプーを使用したり、シャンプーの使用量が多すぎると、頭皮の皮脂を除去しすぎてしまいます。

フケが出ると、不潔な気がしてつい必要以上に洗ってしまいたくなりますが、洗い過ぎは逆効果です。

フケの症状をさらに悪化させてしまいますので、絶対にやめてください。

皮脂は、皮膚を外敵から守るために必要なものです。

皮脂を除去しすぎると皮膚が本来持っているバリア機能が低下し、かぶれや炎症を引き起こしやすくなります。

皮膚の乾燥が進むことで、角質層が次々にはがれ落ち、乾性フケの発生を促進してしまいます。

特に市販のシャンプーには石油系洗浄成分が配合されているため、洗浄力が強く、皮膚に乾燥や炎症を起こしやすいと言われています。

栄養不足

ダイエットや偏食などで、乱れた食生活を送っていませんか?

私たちの身体は食べた物によって作られています。

ある特定の栄養が不足すると、代謝異常が起こり、皮膚や髪、爪などに異常が現れることがあります。

特に気をつけたいのが、亜鉛や鉄分などのミネラルです。

これらが不足することで、肌がカサカサになったり、抜け毛が増えたり、爪が変形するなどの症状が出ることが明らかになっています。

特に、女性や成長期の子供はミネラル不足になりやすいので注意が必要です。

また、ビタミン不足も皮膚が乾燥する原因となります。

あまり食事に気を使わないという方は、まず食生活から見直していきましょう。

生活習慣の乱れ

睡眠不足や夜更かしなど、生活習慣の乱れが肌のターンオーバーに影響することがあります。

運動不足などで代謝が悪くなると、皮脂分泌が減り、皮膚の乾燥が進むことがあります。

病気

アトピー性皮膚炎、アレルギー性皮膚炎、乾癬、色素性乾皮症など、フケの原因となる病気があります。

これ以外にも、代謝や皮脂の分泌が低下する甲状腺の病気、糖尿病などを患っている場合、皮膚の乾燥を引き起こし、乾性フケが発生しやすくなります。

薬の副作用

治療中の薬の副作用でフケが発生することがあります。

特に元々皮膚疾患をお持ちの方は、薬による影響を受けやすい可能性があります。

薬の成分に問題がないかどうか、かかりつけの医師にご相談ください。

パーマやカラーリングによる刺激

パーマやカラーリングに使われる薬剤は、頭皮に強い刺激をもたらします。

体質によっては痒みやかぶれ、炎症などを引き起こしたり、代謝異常や抜け毛の原因になることもあります。

カラーリング剤に含まれる「ジアミン」という化学染料は、単体では劇薬に指定している国もあるほど強い薬剤です。

アレルギーの発症例も多く、顔の腫れや炎症を引き起こすことが問題視されています。

アナフィラキシーショックを引き起こすケースもあり、消費者庁などが注意を呼びかけています。

市販のパーマ液やカラーリング剤だけでなく、サロンや美容室で使用される薬剤にも同様の化学成分が含まれています。

トラブルを引き起こしやすい敏感肌・乾燥肌の人は、頭皮に負担になるような強い薬剤を使用するのを控えた方がいいでしょう。

老化

年齢を重ねると、皮膚の水分量が減り、皮脂の分泌も減少するため、肌が乾燥しやすくなります。

皮膚のハリやみずみずしさを保っているのは、皮膚の真皮層にあるコラーゲンヒアルロン酸、角質層にある細胞間脂質を構成しているセラミドなどですが、加齢によってこれらの成分は減少していきます。

頭皮もしっとり感や弾力を失い、乾燥が進んでいきますので、フケが発生しやすくなります。

成長期の子供の新陳代謝

成長期の子供にフケが発生することがあります。

これは、身体がどんどん成長していく過程で新陳代謝が活発になり、皮膚のターンオーバーが早くなりすぎている状態であることが考えられます。

少量のフケなら全く問題ありませんが、大量に発生している場合は目立ちます。

病気ではありませんが、学校生活などで問題が生じる可能性もありますので、親御さんが細心の注意を払ってあげるようにしてください。

「フケ=不潔」ではない

当然のことですが、定期的にきちんと髪を洗わなければ、発生したフケが蓄積され、たくさんフケが出ているように見えます。

また、枕カバーや布団カバーをいつまでも取り替えなかったり、いつも同じバスタオルを使用していると、皮膚常在菌(カビ)が異常繁殖を起こし、頭皮環境の悪化につながります。

しかし、このページを見ているあなたは、きちんとケアをしているのにフケが出てしまうということで悩んでいるはずです。

清潔にしていてもフケは発生するものです。

フケは、皮膚の角質層がはがれ落ちたもので、多かれ少なかれ誰にでも発生します。

「フケ=不潔」という偏見をもたれやすいのですが、多くの場合清潔さとは関係がありません。

体質や免疫力、ストレスの有無なども大きく関係しています。

精神的に追いつめられることで、さらに症状が悪化することもありますので、あまり深刻に悩みすぎないようにしてくださいね。

乾性フケを改善する方法

乾性フケは、様々な原因により頭皮の乾燥が進むことで発生しやすくなります。

頭皮の乾燥を抑えるためには、「体質改善」と「頭皮の保湿」が大切です。

  • 食事の改善
  • 適度な運動
  • ストレスの解消
  • 洗浄力の弱いシャンプーを使う
  • ライスコームでフケを取り除く
  • 頭皮を保湿する

食事の改善

頭皮の水分量を保ち、適度な皮脂分泌を保つためには、バランスの良い食事をとり、規則正しい生活を送ることが大切です.

タンパク質は健康的な皮膚を作るために必要な栄養素です。肉や魚などの動物性タンパク質と、大豆製品などの植物性タンパク質の両方をバランス良く摂取しましょう。

動物性タンパク質は吸収が良いという特徴があります。

植物性たんぱく質はヘルシーなのですが、食物繊維が含まれるため、吸収が悪いのが特徴です。

image

ビタミンAの欠乏は、皮膚の乾燥や角質化をもたらします。

βカロテンは体内でビタミンAに変わるため、緑黄色野菜を多く摂取しましょう。

血行を良くするビタミンE、肌をみずみずしく保つビタミンCもたっぷりと摂取しておきたいもの。

鉄分亜鉛などのミネラルは、不足すると肌にトラブルが起きやすいと言われています。

適度な皮脂分泌を促すために、オメガ3必須脂肪酸も摂取すると良いでしょう。

もちろん、栄養素は食事から摂取したほうが良いのですが、毎日規定量を満たすのは大変ですよね。

そんな時は、ぜひサプリメントを活用してみてください。

適度な運動

image

運動不足になると、全身の血行が悪くなり、乾燥肌の原因となります。

ストレッチやウォーキングなど、やや汗ばむ程度の軽い運動を毎日続けることで血行が改善し、新陳代謝が正常化します。

ストレスの解消

ストレスにより交感神経ばかりが働くようになると、頭皮の血行が悪化し、栄養が運ばれにくくなります。

また、過度のストレスは精神的・身体的不調や免疫力の低下を招きます。

フケが出ること自体が精神的ストレスとなり、症状の悪化につながる場合もあります。

ストレスがたまっていると感じたら、できるだけこまめに発散させておきましょう。

洗浄力の弱いシャンプーを使う

乾性フケを改善するためには、シャンプー選びも重要なポイントです。

市販のシャンプーには、洗浄力の強すぎる石油系の洗浄成分が含まれたものが多いため、成分表示をよく確かめてから購入するようにしてください。

「ラウリル硫酸ナトリウム」「ラウレス硫酸ナトリウム」は頭皮に乾燥や炎症を引き起こしやすい成分です。

成分表示をよく確認し、これらの成分が含まれているシャンプーは選ばないようにしましょう。

その代わりに、乾性フケ専用のシャンプーを選ぶか、洗浄力が弱いアミノ酸系シャンプーを選んでみてください。

アミノ酸系シャンプーは髪や頭皮に近い洗浄成分が含まれているので、頭皮に優しく、炎症を引き起こしにくいのが特徴です。

髪を洗う際には、ゴシゴシこすったり頭皮に爪を立てたりしないように注意してください。

また、頭皮の乾燥が気になるからといって、コンディショナーやトリートメントを頭皮に塗るのは絶対に避けてください。症状が悪化する恐れがあります。

ライスコームでフケを取り除く

フケ症はそれほど深刻な病気ではありませんが、見た目の問題があるため、深刻に悩んでいる人も多いです。

次々に出てきてしまう細かいフケをなんとかしたいというのが実情ですよね。

櫛やブラシではなかなか綺麗にフケを取り除くことはできません。

そんな方におすすめしたいのがシラミ取り用のコームです。

極小サイズのシラミの卵を除去するためのものですが、細かいフケも綺麗に取り除くことができます。

すぐにフケが出てしまうという方は、ポーチなどに入れて持ち運び、こまめにお手入れしてください。

頭皮を保湿する

お顔の保湿には化粧水や乳液などを使いますが、頭皮の保湿には何を使えば良いのでしょうか?

頭皮ケアには保湿成分が含まれた育毛剤を使用するのがおすすめです。

育毛剤には炎症を鎮める成分や、血行に作用する成分、栄養成分などが含まれています。

使用し続けることで頭皮の糖化予防・老化予防にも役立ちます。

しっとり系がお好みなら、ベルタ育毛剤がおすすめです。

育毛剤には珍しい美容液のような質感です。

belta

▶︎【ベルタ育毛剤】(公式サイト)

さっぱり系がお好みなら、マイナチュレがおすすめです。

化粧水のようにサラサラした質感で、たっぷり使えます。

mynature1

▶︎ 無添加育毛剤マイナチュレ(公式サイト)

どちらも無添加で、頭皮に優しい安全な成分でできています。

関連記事

シェアする

フォローする